ほんとにあった!呪いのビデオ Special 3(ネタバレあり)

eye_catch_noro_sp3ほん呪

 

はじめに

お待たせしました。めちゃめちゃ怖い「中古ビデオ」が入っている巻です。残念ながらその他は微妙ですが、なかなか怖い映像もあります。

首都高の霊(怖くない)

概要

九州から旅行に来たカップルが首都高を走行中、運転する彼女を助手席から撮った映像。東京タワーが見えてきたあたりで、前方から道路の側壁に子供のような人影が流れていく。「殺すぞ」という声も入っていた。

感想

暗い上に速すぎてよくわかりません。白い靄のようなものが確認できますが…、「殺すぞ」の声も殺意を感じない上、ぼそっと小さくて怖くないです。

ところで、こういったシチュエーションで女性が運転しているのは珍しいと思いました。

彼女:「見たーい、景色見たーい」
彼女:「ちょっなんで私が運転せなあかんと、なんでうち運転しよっと」
彼氏:「やっぱ九州男児…」
彼女:「ちょと!あれ東京タワーやないと!」
彼女:「東京タワーちょー!見たいんやけど!」

こんな会話にちょっとほっこりw

あと、女性は顔出しなのに男はモザイクなのもちょっと違和感。九州男児だから?w

巨大団地(恐怖映像なし)

概要

前後編に分かれている前編。自称幽霊大好き少女の子とその友達にインタビュー。完成当時に自殺が多発した巨大団地に心霊探検に行った際、屋上につながる階段で人影が映ったという。スタッフと共に再度訪れることになったが、あまりの巨大さゆえ、撮影した場所がなかなか思い出せない。

感想

インタビューと取材風景のみです。お化け大好き少女が、自分の守護霊様の絵を壁にペタペタ貼ってあるのが、中二病全開でかなり痛い。今となっては、結構なお歳になった彼女。この巻のかつての自分を見せてあげれば、黒歴史を目の当たりにして、頭抱えて部屋中を転げ回ることでしょうw

尚、巨大団地とはどうみても高島平団地ですね、当時の自殺者多発は話題になり、マスコミもよく取り上げていました。

最後の一人(怖い)

概要

大学か何かの演劇部の公演の様子を収めたビデオ。演劇の最中に、不気味な顔と思しき煙のような何かが大写しになる。もちろん、実際の公演では煙のようなものは無かったし、当時演者も観客も目撃していなかった。

この映像がきっかけなのか、部員は気味悪がって次々と退部し、とうとう残ったのは4人だけになってしまった。最後の4人のうち3人までが事故や病気などの不幸が重なり、投稿者が最後の一人になってしまう。3人の災難に見舞われた日が、ちょうど公演が記録された月日であった偶然から、投稿者は今年のその日に自分にも、何か起こるのでは無いかと恐れおののいている。

感想

これは結構怖いです。煙のような気味の悪い白い顔が揺れるようにうごめいています。芝居は結構コミカルなシーンなので、その対比が寒々しい雰囲気を醸し出しています。投稿者がその後どうなったかの気になりますね。

人影(怖い)

概要

新しい家に引っ越してきてから、数々の怪現象が起こり始めた。夜、家に帰ってくると、以下のような現象が頻発しているのだ。

  • 消したはずのコンロに火が付いて、やかんが空焚きに。
  • しまってあった包丁がなぜか流しに放置。歯はボロボロ。
  • 別の包丁が今度は空の浴槽に。これも歯がボロボロ。
  • 歯磨き粉が人為的に洗面台に絞り出される。しかも渦巻状に。
  • 挙げ句の果てには玄関先の植木鉢や、箒が階段に綺麗に陳列されていた。
  • その証拠にとポライロイドで写真を撮ると、不可解に変色。

なにものかが、不在時の家に侵入し、いたずらをしているのでは無いかと疑った家主(投稿者)は、警察に相談するも埒があかない。そこで数カ所に監視カメラを設置することにした。

そこに記録されたものは、半透明の女性と思しき人影。玄関のカメラには何も異常が無いのに、階段にいきなり現れる。その影は2階に向かうと壁を突き抜け、物置になっている部屋で消えてしまった。

その何者かが消えたあたりを調べてみる投稿者。そこには以前の家に昔から存在した、古い鏡が箱にしまわれていた。この家系に古くからある鏡であったが、投稿者はその由来は全く知らされていなかった。

投稿者は鏡を箱から出し、綺麗にして飾っておくようにしたところ、怪現象はピタリと止んでしまったという。

感想

4分割された監視カメラの映像に確かに半透明の影が映っています。女性かどうかは私にはわかりませんでしたが、足だけははっきりと確認できます。なお、左下の映像にも人影が写りますが、これは食卓を片付けている投稿者なのでお間違いなきよう。

映った人影の映像はそんなに怖くは無いんですが、霊がいたずら(?)した証拠の、ポラロイド写真はかなりの恐怖を感じます。特に階段に陳列された植木鉢は人為的に行ったとしか思えない上に、狂気じみています。気味悪く変色してしまっている様が、さらに生々しく感じさせ、大変怖いです。

霊が鏡を出して欲しい事を、なんとかして伝えようとメッセージを残したんでしょうかね。おそらくはこの鏡の元の持ち主で、投稿者の家にゆかりのある方なのでしょう。

漂流する霊(すこし怖い)

概要

河川の水位を監視するカメラに、水死体のようなものが映って消えてしまった。現場に駆けつけるも、そのようなものはどこにも無い。上流ではかつて増水で流された男子高校生がいたという。遺体を見つけて欲しくて姿を表したというのだろうか。

感想

これ、まじで水死体じゃ無いんですかね。プカッと浮かんですぐ沈んでしまいます。ただ、拡大した映像をみると、川の波と動きが微妙にあっていないような、合成臭さを感じました。

霊公園(怖くない)

概要

幼い女の子が公園の滑り台で遊んでいる。その滑り台の下に、人の手のようなものが見える。近所への取材の結果、かつてこの公園の近所で、母親からの虐待を受け、男の子が亡くなっている事件があり、その子はこの公園でよく遊んでいたという。

そして数ヶ月後、投稿者の夫が、妻による娘の虐待を撮影してしまったという連絡が来る。かつて虐待された子の怨念に魅入られたのだろうか。

感想

滑り台の下に手が写っていますが、地味すぎて怖くはありません。

我が子への虐待映像ですが、子供を完全に布団で簀巻きにして叩いていて、中の人物が本当に子供か、見ただけではわからないようになっており、それ程の胸糞映像にはなっていませんので、ご安心を。本当に子供が叩かれている映像なんて、見たくはないですからね。なので、おそらく虐待映像はフェイクでしょう。

区画整理(怖くない)

概要

バブル時の地上げ合戦で廃墟だらけになってしまった、古い住宅地を撮影していたら、そこにはいないはずの半透明な子供が写った。

感想

何度も見直しましたが、よくわかりません。

コンビニの噂(怖くない)

概要

近所で噂になっている、女性幽霊コンビニ店員の存在を確かめるため、車でコンビニ巡りをしている映像。車内から写した映像の一つに、半透明な人影が映っていた。

感想

半透明で、かつシルエットで、薄いので怖くはありません。ですが、取材中の映像にも何かが映っているのが、後のシリーズで判明します。

子供の声(怖くない)

概要

デート中の映像にずっと子供のうなり声のようなものが入ってしまった。最後に「痛い」と言っている。

感想

街中のデート中の映像に、うなり声というよりノイズっぽい感じで、終始「うーうー」と言っています。「痛い」は僕には聞き取れませんでした。

中古ビデオ(めちゃ怖い)

概要

フリーマーケットで手に入れたビデオテープ。半分剥がされたラベルには映画のタイトルらしき文字が読み取れるので、映画でも入っていると思い購入した。しかしながら、録画されていたものは、若い男女が公園らしきところを訪れた時の映像であった。

男女は、所々に置かれた箱のようなものを発見し不審がる。箱には警告のような文言が記載され、あちこちに置かれているが、中身は簡単には開けられないようになっているようだ。男女が大きなガジュマルの木のあたりにたどり着いたあたりで、画面には画像ノイズと、甲高いノイズ音が走り乱れて暗転する。歪んだカラーコードのような模様の後、白黒のなんとも言えない不気味な女性の大きな顔が姿を表す。

感想

めちゃ怖いです。不気味です。女性の顔は、何度もコピー機でコピーを繰り返して、画質が劣化した後のような感じ。それが、甲高い「ピー」というノイズ音とともに出てくるので、ちょっとどきっとしました。そして冒頭の男女が誰なのか、どこで撮影したのか、あの箱はなんなのか、全くわからないという点も恐怖を加速します。

尚、冒頭のカップルの撮影現場は沖縄県那覇市の金城ダムらしいです。

続・巨大団地(怖くない)

概要

途中、投稿者の片割れの子が、気分を悪くするというハプニングがある。彼女は幼少期に、この団地に住んでいた頃があり、仲良しの友達一家が事故で亡くなったというエピソードが聞ける。ようやく現場にたどり着いたところで、投稿映像を見ることができる。

自殺者対策により、鉄格子でがっちりガードされた屋上への階段を覗き見る映像。鉄格子の先にある階段から、半透明の男性と見られる姿がこちらを覗き込むような姿が確認できる。

感想

そんなに怖く無いんですが、踊り場から渡り通路まで、ガッチガチにガードされた鉄格子が、過去の悲劇を物語って異様な感じの団地ですね。屋上への階段に近づくにつれて、ブツブツとノイズが走る様も良い(?)雰囲気です。

尚、女子中学生が住人のおじさんに見つかって、怒られる様の一部始終が、映像の中に収まっているのはリアルでした。

感想まとめ

いやー「中古ビデオ」怖かったですねー。出所不明な点もポイント高いです。他の映像は微妙と書きましたが、この中では「最後の一人」と「人影」が怖かったです。「最後の一人」はビジュアル的に、「人影」はシチュエーション的に怖かったです。特に「人影」の、植木が階段に陳列されている、ポラロイド写真には戦慄を覚えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました