ほんとにあった!呪いのビデオ50(ネタバレあり)

eye_catch_noro_50ほん呪
ほんとにあった!呪いのビデオ50
ほんとにあった!呪いのビデオ50

はじめに

「ほんとにあった!呪いのビデオ」もとうとう50巻まできました。今回は怖いですよ。

何と言っても独断と偏見による評価で、メインエピソードの以外は「怖くない」が1つもないという快挙(?)を成し遂げた巻です。特に最後の「呪われたホーム・ムービー」は私がまとめた「私的BEST10」の第4位に輝く超絶恐怖映像ですのでご覚悟の上ご覧ください。

13年の呪い(かなり怖い)

概要

制作委員会に1本のビデオテープが送られてきた。それはコンパクトビデオカセットという古い規格のもので、「降旗裕介が亡くなりました。これは持っている必要がないものなのでお送りします 降旗裕介の父 降旗○○」と記された手紙が同封されており、住所や連絡先はどこにも記載されていなかった。スタッフがこのテープを視聴してみると、それは古いホーム・ムービーのようで、老婆の姿が写り込んでいることが確認できた。

制作委員会には、この人物に心当たりがあるものがいなかったので、過去に投稿されたデーターベースを調べてみることにした。すると採用には至らなかったものの、「降旗裕介」という人物からの投稿映像が確かに存在するようであった。だがデータベースには詳細が記されておらず、内容がわからない。そこで、倉庫から該当するテープをひっぱりだしてみると、古ぼけたそのテープのラベルには、大きく「視聴厳禁」と記されているのであった。

制作委員会は発足から13年を経ているため、当時の事情をわかるものが既に存在しない。そこで投稿当時の監督(演出)であり、現在も当シリーズのナレーションを務める中村義洋氏を招き、詳細を聞いてみることにした。中村氏によると当時、「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズが始まってからすぐに投稿された映像で、かなりはっきり写っているので採用を前提に投稿者と電話で連絡を取ったとのことであった。

だが驚くべきことに投稿者古畑さんは階段から落ち、足を折って病院にいるとの返事が返ってきたのだそうだ。この映像は降旗さんが子供頃に住んでいたアパートで撮影されたもので、映像が撮られた直後くらいに両親が離婚。不可解な事故が頻発したり、別れた母親と弟とは連絡がつかなくなってしまったりと不幸が続いているということであった。降旗さんはこの映像が原因なのでは、と思うようになり投稿したとのことであった。

スタッフは今回送られてきたビデオテープは、過去に降旗さんが投稿したテープのマスターではないかと推察する。

中村氏は不採用になった、さらに「試聴厳禁」のラベルの経緯を説明する。この映像の編集を行っている最中、降旗さんの父親から、命に別状はなかったものの、降旗裕介さんが病院の屋上から転落してしまったという連絡が入る。事故なのか自殺なのかはわからないが、何か関係があるかもしれないので、ビデオへの採用を見合わせてほしいというものであった。中村氏はその時は態度を保留していたが、思い返すとスタッフがこの映像を初めて見たときに降旗さんが階段から落ち、編集作業で何回も見ているときに屋上から転落するという符合点が気になり、この映像はパッケージ化されていなくとも、誰かが見るだけで降旗さんに災いに見舞われるものなのではと感じたため、収録を見合わせ、かつ封印することにしたということであった。

当時の記録から降旗さんの父親に連絡を試みたが、既に電話は解約されていた。興信所に依頼して降旗さんの居場所を調査すると、なんと降旗さんの死亡届が1年ほど前(当時)に出されていたことがわかった。当時住んでいた自宅も現在は更地と化しており、彼の父親の所在は最後まで掴むことはできなかった。

降旗さんの死がはっきりした以上、制作委員会はこの映像を解禁することにした。「もしも降旗さんの父親がこの映像を見ていたら、連絡をいただきたい」というナレーションとともに映像が紹介される。

母親がソファに座り、赤ちゃんをあやしている。幼い男の子が母親に甘えにくる。彼が降旗さんであろうか。後ろの窓のカーテンが少し空いており、そこに着物姿の人物が横切る。さらに窓の左下から不気味な老婆の顔がゆっくり姿を現し、真っ黒な眼窩がこちらを睨みつけている。少し空いた口も真っ黒で何か言いたげである。母子にズームアップして映像は終わる。

なお、興信所の報告で降旗さんの住民票を頼りに彼の父親を訪ねたのだが、そこには全くの別人が降旗さんの父親の名を借りて暮らしていたそうである。これは父親が何らかの手段で戸籍を売り渡していたことを意味し、彼らの13年間の歩みが壮絶であったことを物語る。まさかこのマスターテープを何らかの経緯で第三者が見てしまったことが降旗さんの死を招いてしまったのであろうか。

そして以下のテロップでエピソードは終わる。

降旗さんの父親から連絡があることを期待し
あえて本人の了解なしに降旗さんのお名前を
実名で公表させていただきました。
ご了承ください。

感想

まず経緯が怖いです。誰かが見るだけで、視聴者ではなく降旗さんに災厄が降りかかるとか、なんという呪いなんでしょうか。いつものナレーションで親しみが湧いており、かつ誠実そうな風貌(サングラス姿の岩澤と違ってw)の中村氏の証言は、いかにもありそうで真実味がわきます。そのためこれほどのネタの収録を見送らざるを得なかったという話もなんか納得してしまう(笑)。でも視聴厳禁の経緯はちゃんと申し送りしておけよ、あんな貼り紙じゃ、余計見たくなっちゃうじゃんか(笑)。

老婆の顔も怖いです。眼窩真っ黒、口も真っ黒。それでいて少し口が開いているようで、笑っているようにも見えます。なんとなくあの「廃神社」の老婆を彷彿とさせます。

てか、とりあえず夜はカーテンをちゃんと締めておきましょうよ。なんで中途半端にカーテン開けとくかなぁ、何かが覗き込んでくるかもしれないじゃん!(笑)。

警官人形(怖い)

概要

若い男性2人と女性1人の3人組。ドライブの帰り道の夜中、自宅近くの街道で女性が悲鳴をあげる。なんでも道路脇に立つ警官人形が動いたように見えたというのだ。この女性がそのことを訴えているシーンから映像は始まる。男性たちは女性がしきりに止めるにもかかわらず、歩いて確かめるために車を降り、女性もしぶしぶ付いていく。

警官人形は風雨にさらされ薄汚れている。すぐ近くには馬頭観音が祀られているが、男性の1人が構わず台座に飛び乗ったり、人形の前で敬礼の真似をしたりとおどけた様子。すると、低いうなり声のような音がする。カメラが人形を見上げると、人形の頭部が分裂して、2重になり、こちらを睨みつけている。撮影者は恐怖からカメラを伏せ、足早に立ち去ろうとする。

感想

若者が「馬頭観音(ばとうかんのん」を読めないことに苦笑。

男性:「ばとう、ばあたま?」
投稿者:「あほ、ばずだよ。バズ、バズ、バズカンノン」

今ならバズってますネ(笑)。

分裂した警官の絵面はそれほど怖くはありませんが、直前の「うごおぉぉ〜」という、低いうなり声(ヘッドホン推奨)、気がついた撮影者が恐怖から急に神妙になり、無言で立ち去ろうとする様子、仲間の「どうしたんだ?」との問いに「やばい…やばい…あれやばい」とブツブツ言いながらとにかく早足で歩いて逃げる態度がとてもリアルだなと感じ、この一連の様子が怖いと感じました。

アフンルパロを視る女1(怖くない)

概要

投稿者の男性が友人と飲みに行った際、路上に座っていた女性をナンパした。その際に居酒屋で撮影した携帯電話のビデオ映像。スタッフはこの映像に写っている女性を見て驚きを隠せなかった。実は半年ほど前に事務所に押しかけてきた女性と思われるからだ。その時1人で事務所にいた川居によると、女性はノックもせずいきなり事務所に入り込んできた。酔ったようにフラフラしており、「私じゃないんです」と繰り返しつぶやいているだけであった。指示を仰ごうと岩澤たちに連絡している間に、1人で部屋を出て行ったそうである。当時川居は足を骨折しており、追いかけることはできなかったという。

今回の投稿映像にこの出来事は関係があるのか。スタッフは投稿者の宇佐美さんにまず話を聞いてみることにした。彼によると撮影されたのは3ヶ月ほど前で、酔った勢いで女性をナンパしたものの、わかったのは名前(忍野さん)くらい、心ここに在らずといった感じで、会話が成り立たなかったという。そして友人の金澤さんに、「近いうちに死ぬ」などと縁起でもないことを言われたそうである。すると後日、建築関係に勤めていた金澤さんは、資材の下敷きになって亡くなってしまったというではないか。宇佐美さんはその知らせを聞いてこの事を思い出し、たまたま撮影していた携帯の動画を確認したところ、気味の悪いものが写り込んでいたのだという。

ここで忍野さんがスタッフルームに押し入った際の監視カメラの映像が紹介される。ノックもなしに、いきなりスタッフルームに入り込む忍野さん。フラフラと酔っ払ったような忍野さんに、松葉杖の川居は応対もままならない。その際の映像には所々に白いノイズのようなものが走る。それは何やらぼんやりとした白いまだら模様の静止画が、いくつもインサートされているものであった。

つづく

感想

映像は所々に変な模様がインサートされるだけで、恐怖映像と呼ぶ程のものではありません。後に驚愕の真実が判明するのですが。

河原の狂気(少し怖い)

概要

河原でキャンプする若者。フラフラと川に歩き出してしまう1人の男性を、仲間が必死で止めるシーンからエピソードが始まる。実はその前の時刻の映像に、兆候と思しき現象が記録されていた。それは、この男性が急にぼーっと一点を見つめ、次のシーンではその顔が薄汚れた年配の男性の顔に変化しているというもの。その顔はまるで別人のようであった。この男性は川に向かって行った時の記憶がないそうである。

この川の先には滝があり、自殺の名所になっているそうだ。

感想

現象が先、兆候が後という演出は珍しいと思いちょっと新鮮。変化した男性の顔はゾンビみたいで気持ちわるいです。

ただ私には、この顔がゾンビになった寺尾聰に見えてしまい困りました。いや、年配の男性と言うなら、その親父の宇野重吉か…、と書きかけて年齢を調べてみたら、寺尾聰さんはもう70歳を超えていて十分年配でした。

アフンルパロを視る女2(少し怖い)

概要

スタッフは、投稿者たちが忍野さんをナンパした街中で聞き込みを行う。入念な聞き込みにより忍野さんを知るチャラい感じの人物、飯島さんにインタビューをすることに成功する。飯島さんはこの界隈で風俗関係の仕事をしており、地域の顔役のようであった。

彼による忍野さんの情報は

  • 忍野さんはこの近辺では割と有名なソープ嬢
  • 飯島さんの店でも短期間働いていた
  • 彼女の周りでは死や不幸が相次ぐ
  • 霊感があるようで、周囲から怖がれていた
  • 情緒不安定でおかしな挙動が目立つ
  • このような事情から1つの店で長続きできなかった
  • この辺りで売春まがいの事をしているとの噂
  • 彼女はブログをやっていたが最近は更新がない
  • イリーガルな人たちとの付き合いもあり、殺されてしまったのではとの噂も
  • 2、3ヶ月前から街では見かけない

飯島さんは最近の連絡先はわからなかったが、スタッフは忍野さんのブログ(アメーバブログ)を発見、2年前の記事にから、彼女の実家が北海道のとある港町であることが記されていた。

ここで宇佐美さんから送られてきた投稿映像が紹介される。

居酒屋で忍野さんを映すカメラ。フライドポテトをもて遊んで、人の顔のようなものを作り上げる彼女は、宇佐美さんたちが話しかけても生返事である。と思うといきなり笑い出したり、その後ふさぎ込んだりと、情緒は極めて不安定で、場を盛り上げようと苦心する宇佐美さんたちも若干引き気味である。すると映像がいきなりバグり停止。その後ブロックノイズのように、部分部分が絵残りするように崩れてしまう。その崩れた映像の中にまるで骸骨のような顔が姿を現し、友人の金澤さんを睨みつけるように目がぎょろりと動く。

スタッフは忍野さんのブログにあった北海道某所に手がかりを探すため向かうことにする。

つづく

感想

チャラい感じの飯島さんがフランク、世話好きな感じで結構いい人に感じました。これはこの後忍野さんの地元で、住民に排他的な印象を受けるのとは対照的で印象に残ります。

写り込む顔は少し怖い程度で、本呪に慣れた人ならどうということないでしょう。金澤さんの方向に目がギロッと動くのが少し怖い程度ですね。尚、この顔は最近私がプレイしているスマホゲーム「FGO」の「呪腕のハサン」に似ていると思いました。これに目玉つけた感じ。

貸切風呂(少し怖い)

概要

とある関西地方の温泉旅館。投稿者と友人、その恋人の女性で貸切風呂にビールなどを持ち込み飲んでいる。混浴になるため、女性は水着姿である。投稿者の男性が缶ビール片手に湯船に浸かっていると、水中にどこからともなく現れた人間のようなものが両手を広げて近づき、その体を包み込むようにして消えてしまった。すると投稿者の身体中にあざのようなものが浮かび上がるのであった。

観光シーズンにもかかわらず、この旅館には投稿者達以外の客は1人もいなかったそうである。彼は翌朝から原因不明の発疹が現れ、一週間近く消えなかったという。

感想

幽霊(?)が潜水状態で顔を下に向けたまま、両手を広げて向かっていく絵面が珍しく、ちょっと怖いですね。消えた瞬間に男性にあざのような模様が浮かび上がるのも良い。

ただ、男女は恋人同士とはいえ、もう1人の男友達と一緒に風呂に入るという感覚がちょっと理解できません。また、風呂で酒飲むってのもちょっと。しかもこの人たち500ml缶持ち込んでるんですよ、酔いがまわるでしょ。私は、湯船には5分と入っていられないので、これも理解不能。これ飲み干すまで出れないのかよとか思っちゃいますね。もっと落ち着いたところで飲めよ!とか思いますが、彼らにとっては大きなお世話ですね。

不気味な置物(かなり怖い)

概要

西洋のアンティークな置物。陶器製の人形なのだが、着飾った女性の人形は三角帽子の兵隊の人形を抱えており、胴体から離れたその首を左手で持っている、という見るからに不気味なものであった。映像はその人形を定点から長時間撮影し続けるという不可解なもの。

投稿者(藤枝さん)は、この映像を実家の蔵が震災で改築の必要性が生じた際に見つけたそうである。その8mmビデオテープには「1990年5月」と記されていた。この映像に写っている人形にも記憶があり、子供の頃に実家に飾られていたそうである。ラベルに書かれた文字の筆跡から、撮影したのは藤枝さんの父親ではないかとのこと。父親は1990年の6月に不慮の事故で亡くなっているため、この映像はその直前に撮られたと推測できる。

ここで映像が紹介される。確認しやすくするために60倍速で再生している。一時間近く映像は撮影されていたが、人形の目の位置や口元には明らかな変化が見られ、口元は笑っているようにも見える。

インタビューから数日後投稿者からは「言いそびれたこと」として、父親の死は自殺であったことが明かされた。線路に飛び込んだそうで、首と胴体が離れた状態で発見されたそうである。投稿者の父は何を思い、この置物を撮影したのであろうか。

感想

これは結構有名な映像で、本呪でも怖いエピソードの1つとして語られることが多いようです。

「首無し人形の首を持っている着飾った女性」というモチーフが西洋の地で現実に存在するのでしょうか?ちょっと調べた限りではそんなの見たことがないのですが。それとも人形作家さんみたいな人が考え出した、独自のものなのでしょうか?この辺がちょっとわからないため、モヤモヤしてしまいます。にしてもこのモチーフ自体がかなり不気味ですよね。

目や口が動くのは30倍速を、DVDプレーヤーなどで、さらに2倍速でみるとはっきりとわかります。黒目が向かって右に動いており、口元が「にっ!」笑う様はかなり怖く、ぞっとします。

アフンルパロを視る女3(ほんの少し怖い)

概要

忍野さんの地元で聴き込みを開始したスタッフ、忍野さんのブログにあった写真の地はすぐに見つかった。そのあたりに忍野さんの実家があったとみなした彼らは周囲に聞き込みを行うも結果は芳しくない。気のせいか住人があまり語りたくないような、排他的な雰囲気を感じ取るスタッフ。彼らにも言いようのない苛立ちが募る。だが3日目の夜に菊池が忍野さんの同級生だったという男性、西村さんを見つける。

西村さんは忍野さんと小学校の同級生だったそうで以下のようなことを語ってくれた。

  • 15年ほど前に忍野さん家族は火事で焼け出された。
  • その火事では父親と息子が亡くなった
  • その火事は放火でないかとの噂
  • 忍野さんはアイヌの家系だった
  • 民族差別からか学校でいじめを受けていた
  • 火事があってから学校には来ず、海岸近くの洞窟で1人で遊んでいた
  • 市営住宅に越してきたが、半年ほどでまた転居していなくなった

また、忍野さんへのいじめにはきっかけがあったと西村さんは語る。

  • 友人が幽霊が写ったというビデオを学校に持ってきた
  • 忍野さんはこれは呪われたビデオだから見るなと言い出す
  • その友人はは数日後海岸で溺れて亡くなってしまった
  • アイヌの呪いだと皆が気持ち悪がり、忍野さんが虐められるように
  • その一件があるまでは忍野さんは普通だった

当初制作委員会は宇佐美さんの友人、金澤さんの死は忍野さんが関与しているのではないかと疑っていたが、彼女はただそれを予言していただけではないだろうかと考えた。また飯島さんが語る関係者が亡くなってしまったことも予言が当たったことによる誤解だったのかもしれない。アイヌの言い伝えによれば誰にも「憑き神(トゥレンカムイ)」と呼ばれる守護霊のようなものを持っていて、中には予知や降霊を行う能力を持った者もおり、これを「トゥスクル」と呼ぶそうである。忍野さんはそのような能力を持っていたのであろうか。そして、宇佐美さんの投稿映像に写っていた顔はこのトゥレンカムイの姿なのではないだろうか。

スタッフは忍野さんがこの地を去るまで1人で遊んでいたという海岸近くの洞窟を訪れることにした。そこはアイヌ語で「アフンルパロ」といわれ、死の世界、あの世への入り口の意味があるそうである。そこは忍野さんのブログに載っていた海岸にほど近い場所であった。「忍野さんはこの洞窟で何を思って遊んでいたんでしょうね…」菊池は静かに語る。

東京に戻りこのエピソードの収録のため編集作業を行っていた菊池が驚きの発見をする。忍野さんがスタッフルームに押しかけた際の映像にインサートされていたまだら模様、それをキャプチャーしてみると、パズルのように繋がるというものであった。その画像群を繋げてみると、なんとスタッフが「アフンルパロ」を訪れた際の光景が広がっていいるではないか。岩澤、菊池、川居らしき姿も見受けられる。また、スタッフが洞窟を取材している映像にもオーブのような発光体が写っていた。

忍野さんはスタッフがアフンルパロを訪れるという未来を予知していたとでもいうのだろうか。そしてスタッフルームに現れた忍野さんが、「私じゃないんです」という言葉は、「(金澤さんの死は)私じゃないんです」という意味なのか。取材を始めてから数ヶ月後、忍野さんのブログは削除されていた。忍野さんは今もどこかで生きているとスタッフは信じている。

感想

川居の「効率が悪い」とか、そんなこと言ってもしょうがない発言に対し、岩澤の愚直な回答に「まあまあ」と大人の対応で場を和らげたり、インサートされた画像を繋げてみるとひとつの画像になることを発見したりと、またまた菊池の有能さが光るエピソードですね。岩澤が「やるねぇ」と褒めていたのが印象的。川居も事前に電話帳調べたり、観光協会に問い合わせたりとなかなか有能なんですけどね。

映像的には怖くないのですけど、繋げた画像が未来を予知していたとか、不思議な感じは嫌いじゃないです。今回はあまり活躍の場がなかった横田氏ですが、画像をつなげている際にプリントアウトを踏んづけて川居に怒られるという一コマがありましたね(笑)。

呪われたホーム・ムービー(めちゃめちゃ怖い)

概要

北海道の取材の際に忍野さんの情報を語ってくれた西村さんより、彼女がいじめられるきっかけになった映像を友人がダビングしていたという知らせが届いた。友人は興味本位でこの映像をダビングしてしまったのだが、クラスメイトが亡くなってしまってからずっとしまいこんでいたそうである。尚、スタッフはこの映像を見た3日後に追突事故に遭ってしまった。

以下の警告とカウントダウンの後、この映像が紹介される。

警告
これからご覧いただく映像は個人差があるものの
人によっては何らかの霊障を引き起こす
可能性があります。
気が進まない場合は映像を止めてください。
こちらでは一切の責任を負いかねます。

公園にて回転遊具で子供と母親が遊んでいる。その真ん中で遊ぶ子供にカメラがズームインするが、大きなノイズ音とともに画面が突然フリーズしたように止まってしまう。すると左下に遊んでいた子供を凝視している、別の子供の顔が現れる。その目の黒目が一旦無くなってしまうが、再び現れ、今度はカメラの方を凝視する。画面はさらに乱れ、大きなノイズ音で映像は終わる。

感想

以前レビューしたものを再レビューしました。

ほんとにあった呪いのビデオ私的BEST10(ネタバレあり)呪われたホーム・ムービー

これでもう終わりと思った矢先、スタッフロールの後に始まります。映像内ではリプレイを含み一切ナレーションが無いのが効果的。「見ればわかるだろ」といった感じで怖さが引き立ちます。

顔ですが、向かって右の子供に目線を向けていたのが、一旦黒目が消えて白目になり、再度黒目が現れて、今度はこっちを超ガン見してきます。これでもかというくらい目が見開いていて超絶怖かったですね。黒目が通常の大きさにはならないため、異様さが際立っています。

正直あまり見たくなかったのですが、今回レビューを書くにあたり10数回見る羽目になりました。追突されるのは嫌なので、今日は車の運転はしないことにします(笑)。

感想まとめ

「13年の呪い」、「アフンルパロを視る女」の宇佐美さんの投稿映像、「不気味な置物」、そして「呪われたホーム・ムービー」。怪異の視線の先に災いが起こるというものが多かったですね。「警官人形」もカメラをめっちゃ睨んでいましから、これを加えても良いかも。

とにかく怖い映像満載の巻です。「不気味な置物」と「呪われたホーム・ムービー」は印象に残っていたのですが、見直してみると「13年の呪い」もとても怖く、評価を改めました。

コメント

  1. みっつ より:

    『不気味な置き物』、自分は続編が出るまで人形の変化がわかりませんでした。
    >DVDプレーヤーなどで、さらに2倍速でみるとはっきりとわかります。
    そうだった…自分に知恵がありませんでした。。悔

    最後の「もう見たくない」ビデオの再視聴、大変ご苦労様でした。

    • itton より:

      意外とわかりにくいんですよねあれ。明るくなったり暗くなったりするのでなおさら。まあそんなところが素人が撮った感があってリアルなんですが。

      >最後の「もう見たくない」ビデオの再視聴、大変ご苦労様でした。

      お気遣いありがとうございますw
      さすがに少しだけ慣れてきました。

タイトルとURLをコピーしました