ほんとにあった!呪いのビデオ38(ネタバレあり)

eye_catch_noro_38ほん呪
ほんとにあった!呪いのビデオ38
ほんとにあった!呪いのビデオ38

はじめに

「ほんとにあった!呪いのビデオ38」です。前回ほどではありませんが、インパクト映像が2本あります。かなりびっくりするので、びっくり系が苦手な方はご用心を。

シリーズ・監視カメラ 雑居ビルの廊下(怖くない)

概要

とある古い雑居ビルの監視カメラ。投稿者は管理会社務める男性である。

廊下が水浸しになっているという報告を受けるが、これといった原因が思い浮かばない。そこで、当日の監視カメラをチェックすると、無人にもかかわらず、廊下の窓に歩いている男の姿がはっきりと写っている。

この雑居ビルのテナントで、経営悪化から自殺してしまった社長がいるという。

感想

概要の通りですが怖くはありません。写った男性の頭が若干はげていた事と、ビルのボロさが気になりました。

夜景(めちゃ怖い)

概要

若い男女が夜の公園のベンチに座り、いちゃついている。公園の広場が高台に位置しており、街が一望でき、すばらしい夜景でムードは満点である。投稿者の彼氏は、彼女と周りの様子をビデオに収めていたが、正面の広場に黒い女性が立っているのに気がつく。カメラから目を離し、肉眼で確かめるが誰もいない。彼女にも確かめてみるが見ていないという。気のせいかと思っていると、彼女が足に違和感を訴える。カメラを足元に向けるとベンチの下から仰向けに女の顔が覗いていた。驚いて悲鳴をあげる投稿者。

彼女が違和感を覚えたのは、足首を何者かに掴まれた感じがしたからだという。

感想

めっちゃ怖いです。

まず正面に映る女の姿。逆光気味で女の表情はうかがえませんが、真っ黒な姿は非常に不気味で、どことなく「不気味な女」を彷彿とさせます。これだけでも怖いのですが、ベンチの下からにゅっと仰向けに出てくる顔は、側(はた)で見ている視聴者ですら、おもわず悲鳴をあげるレベル(少なくとも僕はあげましたw)です。民放地上波でもよく紹介されていました。

大学ゼミ(少し怖い)

概要

大学ゼミの発表会の様子。とある女生徒が研究成果を発表している最中、突然ノイズが走り、画面上半分が真っ赤になってしまう。数秒後に女生徒の頭だけが分離し、瞬時に左上に移動してしまう。

その後この女生徒は自室で首吊り自殺を遂げ、亡くなってしまった。発見が遅れたため、釣ったロープで首が切断された状態だったという。

感想

上半分が真っ赤に染まった画面はなかなか不気味で、不思議な映像です。真っ赤になって少ししてから首が分離するのが、今までにはない映像で少し怖く感じました。

狂死のビデオテープ 暗躍(怖くない)

概要

製作委員会を散々脅迫してきた「心霊博士」の正体が、別の投稿映像から発覚した。だが彼はすでに亡くなっており、真相は闇の中かと思われたが、心霊博士の映像をすべてよこせと謎の男が事務所に押し入ってくる事態となる。さらに心霊博士の娘と名乗る人物から呼び出しを受けてしまう。

心霊博士の娘と名乗る人物、浅野恭子氏は顔を映すな、バラバラに来いなどと不遜な要求をしてきた割には、父が脅迫をしていたのは事実と認め、その行為を謝罪するなど殊勝な態度を示す。「心霊博士」への携帯電話での連絡に、シラを切ったように応対したのは事情を把握できなかった兄が出たのではと語る。

彼女が製作委員会を呼び出したのには事情があった。父である心霊博士が亡くなってから、コレクションしてある心霊映像を寄こせと、小田という人物から執拗に要求されていたからである。浅野氏は精神を病み、予備校を退職後、その映像はすべて燃やして処分してしまっており、その事を説明しても小田氏とは埒があかないのだそうである。恭子氏の要求は製作委員会に心霊博士の投稿映像を、この小田氏に渡してほしいというものであった。

だが製作委員会は、そう簡単に投稿映像の返却を認めるわけにいかなかった。今回は投稿者本人の依頼ではなく、その親族であるし、ましてや赤の他人への譲渡だからである。投稿は返却しないとの前提に、本人にも了承してのことであるので、信頼問題の点からも易々と判断できるものではない。そのため、この依頼は断るが、その代わりに小田氏にも取材を行い、納得してもらうように働きかけるということとなった。

そこで早速、浅野恭子氏に情報をもらい、小田氏宅への取材に赴くスタッフだったが、そこは様々な資材を継ぎ接ぎしたような異様な建物があった。伊月演出捕が小田氏と夜に会う約束は取り付けたが、様子がたどたどしく、精神を病んでいるようで、製作委員会に押し入ったあの男のようだと語る。近所の公園で小田氏にインタビューを行うも、「頭回らない」「もうちょっと足らない」などと繰り返しつぶやくばかりで話が進まない。伊月氏が「だめですねこれじゃ」と思わず呟いてしまうと、小田氏は突然激昂し、「だめじゃないよ!」と叫んで姿を消してしまった。

その後、スタッフルームに小田氏が押し入った際の映像に不可解な部分を発見する。彼が立ち去る際、その影にさらに大きい影が被さるように写っている。小田氏に何かが取り憑いているのだろうか。

感想

なんか本当に「黒狐編」みたいになってきましたね、去り際に唾をペッっと吐くのが彼のキャラらしく、そのための入れ物(アルミ缶を半分に切ったもの)を持ち歩いているのがさらに気持ち悪い。

映像は影が大きいだけで怖くないです。

焼身自殺(怖くない)

概要

その辺の公園でバーバキューをしている若者。ベンチの下から黒い手がニューっと出てくる。この公園ではホームレスの焼身自殺があったという。

感想

なんか砂場とかがある、その辺の公園でやっている感じがしますこのバーベキュー。やめてよこんなところで…と思いました。あ、手だけ出てくるのは怖くないっす。

吹奏楽(すこし怖い)

概要

吹奏楽の発表会の様子。演奏が始まる直前に、舞台で司会をする女性へのスポットライトが消える瞬間、背後に別の女性の顔が、突然姿をあらわす。

感想

背後に女生徒が2人ほど退場する様子がわかるので、ここに最初から女性が隠れていたとはちょっと考えにくく、不思議な映像ですね。睨みつける顔は、表情が垣間見えて少し怖いです。

黒死女(めちゃ怖い)

概要

とある温泉旅館。投稿者は恋人と泊まりに来たが、朝早く目覚めてしまった。撮影しながら彼氏に甘えた声をかけ、起こそうと試みるものの、彼はなかなか起きてくれない。無理矢理起こそうと布団を剥がしたところ、その中に黒い女性の顔が姿を現した。あまりの恐怖に無言でカメラを止めてしまう投稿者。

投稿者は、この旅館の前の経営者の女性が、資金難から自殺したという話を現女将から聞いたそうだ。

感想

「みっくんおきてぇ〜」という甘えた声は見ているこっちが恥ずかしくもあり、微笑ましいですな(笑)。でも布団の中の女性の恨めしげな顔は、その微笑ましさとのギャップがとても強く、かなり怖くてびっくりします。布団の中って、なんとなく安全地帯というか、安心できる場所であるはずだけに、あんなのが中にいたらトラウマですよ、本当に。

狂死のビデオテープ 続・暗躍(怖くない)

概要

小田氏とは話にならない中、心霊博士こと浅野氏の元同僚、前回の投稿者の兄の緒方義明さんの進路担当講師でもある、山本さんから、義明さんとのトラブルの際にいっしょに講義を受けていた、田村敦子さんを紹介してもらい、詳しい話が聞けた。それは以下のような内容であった。

浅野氏の講義は歴史であったが、田村さんは講義と雑談との区別がつかず、詳細にノートを取っていた。話の内容は太平洋戦争の最中の話で、とある地方の集落で徴兵逃れをした人物が、憲兵に見つかって拷問を受けるという話である。上官の命令で拷問をした軍人は、それが行き過ぎて徴兵逃れの人物を死亡させてしまう。それ以来その軍人は気が触れて死亡。その家族含め一族に次々と不幸が訪れたという。村人は祟りではないかと噂をしていた。

ここまで聞いて、田村さんは例の心霊雑談だと初めて気がついたという。すると、緒方さんが突然激昂して浅野氏に食ってかかったというのだ。浅野氏自体はこの事件までは評判は悪くなく、生徒からも人気があったそうである。

また、浅野氏は映画「リング」の話もしていており、見ると狂い死ぬ、呪いのビデオテープも持っていると語っていた。

そんな折、また製作委員会事務所に、悪戯のような落書きが扉に殴り書きされている事件が発生する。そこには「テープ全部と交換」、「公園」と記されていた。さらに、中田演出捕の携帯に、浅野恭子さんからの留守番電話が録音されていた。「あなたたちがテープを渡してくれないからですよ」と語る声は切羽詰まっているように感じられ、途中で切れてしまったようだ。恭子さんは小田氏に拉致されてしまった、テープと引き換えに解放する、と言うメッセージなのだろうか。

ここに至って製作委員会は、浅野氏のテープを小田氏に明け渡すことに決め、安全のために中田を残し、例の公園に車を走らせることにした。

ここで、スタッフが浅野恭子さんのインタビュー映像で、背後のベンチの隙間に黒い影が蠢いていることを発見し、映像が紹介される。

つづく

感想

なんかグダグダしてきましたね。おそらく田村さんの話に出てきた軍人にかかった呪い。そして、見ると狂い死ぬ呪いのビデオテープの話が絡んでくるのでしょうね。浅野恭子氏の背後の黒い影も怖くはありません。

感想まとめ

メインエピソードはなかなか興味深いというか、茶番劇…じゃなかった緊迫してきて面白いのですけど、怖さは全く感じませんね。

それよりも、「夜景」、「黒死女」が秀逸で、これだけでも一見の価値ありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました