ほんとにあった!呪いのビデオ42(ネタバレあり)

eye_catch_noro_42ほん呪
ほんとにあった!呪いのビデオ42
ほんとにあった!呪いのビデオ42

はじめに

「ほんとにあった!呪いのビデオ42」です。今回より元演出補・岩澤広樹氏が監督を務めることになります。そしてこの巻より菊池宣秀シリーズ・完結編「追跡録」が3巻にわたって展開されます。さらに怖い映像としてかなり有名な「邪眼」が収められています。

大震災(怖くない)

概要

2011年3月11日、東日本大震災直後の様子。未だ余震が続く中、投稿者がアパートの外に出て周りを撮影。カメラが一瞬遠くの空を撮した際、そこには灰色の巨大なドクロが浮かび上がっていた。

感想

様子から当時の映像には間違いなさそうです。空にドクロが映るのは、ほんの一瞬ですが、静止画では確かにドクロらしきものが浮かび上がっています。どうにも作り物くさく、まったく怖くはないのですが、まさか多数の死傷者が出た、この未曾有の大災害をネタにフェイクをやらかすとも思えず、なんと言ったら良いのか。

母の思い(怖い)

概要

上京した投稿者を心配して訪ねてきてくれた母親を新宿御苑に連れ出し、観光を楽しんでいる様子を撮影したもの。この数ヶ月後、母親は突然の事故で亡くなってしまい、映像は数少ない母との思い出の品になってしまったそうである。ところが母が亡くなってから、なんども視聴するうちにこの映像に変化が起こってしまったというのだが。

新宿御苑の旧御涼亭(台湾閣)から、母とともに庭園を眺める映像が突然フリーズする。すると母親の顔が青白くなったかと思うと、ゆっくりこちらを向き、なにかつぶやいているようである。

投稿者は母が「さ・よ・な・ら」とつぶやいているような気がしてならないと語る。

感想

お母さんは映像を通して別れを告げたのでしょうね。一見切ない話ですが、青白い顔でこちらにゆっくり向いてくる姿はなかなか不気味です。お母さん怖すぎ。

沈める者(少し怖い)

概要

実家に帰った際に倉庫の整理をしていたら、まるで隠すようにしまわれていた8mmフィルムを発見した。数年前に他界した父が保存していたと思われる。家には映写機がまだあったので、そのフィルムを投影してみると、投稿者がまだ幼い頃に、家族で福島の海へ海水浴に行った時のものであった。しばらくはなんということもない、海辺で遊ぶ父と投稿者の光景であったが、突然、波間に揺らめくような不気味な女の顔が、逆光でシルエットのように写り込んでいた。画面いっぱいに現れるその顔は、多重露光のように投稿者親子と重なって、恨めしげにカメラを見つめている。

母親の話では、この時幼い投稿者は海で溺れてしまい、既(すんで)のところで父親に助けられたとのことであるが、彼は当時の事柄は全く覚えていなかったと言う。この写り込んだ女が、幼い投稿者を海へ引きずり込もうとしていたのか。

感想

何か禍々しい存在が、水の中に引きずり込もうとしている感じがよく出ていると思います。ですがあまり怖くないんですよね。写り方があざといというか、いかにもって感じなのが再現ドラマの1シーンみたいな感じなので。

追跡録 前編(怖くない?)

概要

冒頭は、「ほんとにあった!呪いのビデオ32〜34」で展開されたエピソード、「Twenty Seven」のおさらいから始まる。

  • 演出補・菊池宣秀は20歳になってからというもの、何者かから、毎年の誕生日に送られてくる、不可解なビデオテープに悩まされてきた。
  • それは廃墟となった建物内部をいくつもの定点カメラで撮影しただけの不気味なものであった。
  • 菊池はこれを本呪に投稿するが、そこには心霊現象は記録されていなかったためボツ。だが、これをきっかけに菊池は本呪スタッフ入りする。
  • そんな折、同じ映像が別の投稿者から製作委員会に投稿されてくる。そこには菊池のものと異なり、ある心霊現象が記録されていた。
  • その投稿者の柏木さんに取材するも、取材を重ねるうち、彼はだんだんおかしくなってしまい、自殺してしまう。
  • その後、菊池が26才の誕生日に送られてきた映像にも、柏木さんのものと同様な心霊現象が記録されていた。
  • この数週間後、菊池は事務所の投稿映像を無断で持ち出し、失踪してしまう。
  • 興信所に依頼していた投稿者柏木さんの調査結果から、菊池とか柏木さんともう1人が、ある誘拐事件に巻き込まれていたことが判明する。
  • このもう1人の被害者が、菊池や柏木さんに映像を送りつけていたのではないか、さらにこの事件の関係者は、27歳になったら死ぬという呪いがかけられているのではと推測。
  • スタッフは誘拐の監禁場所であった山荘跡地に取材。祠を掘り出している痕跡が見つかるも、演出補・渡辺が錯乱。
  • 地元の郷土史家から、この辺り一帯はとある一族が支配していた領地であり、柏木さんへの取材で、街の各所で発見されたマークが、その一族の家紋に似ていることが判明。
  • その領主が、領民の幼女を多数虐殺する猟奇事件を起こしていたこと、幼女達の呪いでその一族は滅亡してしまったことなどが判明。この呪いが菊池達にもかけられているのではないか。
  • 菊池の消息は依然として不明で、岩澤は製作委員会を退職し、独自に菊池を捜索する。

これは、岩澤が菊池の行方を追った全記録である。

岩澤は手がかりを求め調査を継続していたが、なんの進展もなかった。そんな折、元演出補・渡辺から連絡が入る。渡辺はあの取材の後、おかしな夢を見るようになったという。それは、あの山荘跡地によく似た森を歩いていると、斜面に男が背を向けて立っているというものであった。その男がこちらを振り向くと「やわいやこをもやせ」と、意味不明な言葉をつぶやくというのだ。渡辺によると、あの取材時に登山道ですれ違った謎の人物によく似ているという。

渡辺はこの夢を何度も見るようになり、とても気になったので、1人で再度現地に足を運んだ。そこで、男が立っていた風景とよく似た場所を発見し、その近くでコンビニ袋に入ったビデオテープが、打ち捨てられているのを見つけたそうである。1人で持ち帰るのには恐怖を感じた渡辺はそのままにしてしまったそうだ。話を聞いた岩澤は、渡辺を伴って現地を訪れることにした。そして、そのテープを回収することに成功する。

テープを調べたところ、それは菊池が失踪する際に持ち出したものであった。だが、1本だけ、今まで見覚えのない映像が混ざっていた。それは若い男性がベッドに横たわり、催眠術をかけられているものであり、その男性の背後に黒い顔のようなものが写り込んだものであった。さらに渡辺が夢で見る男、すなわち登山道ですれ違った男によく似ているという。だがノイズが激しく、会話がよく聞き取れないので、これらを除去する処理を専門の業者に施してもらうと、古い時代の少女のような語り口で、領主の横暴で村の娘が殺されているようなことを語っていた。専門家によると、これは一種の退行催眠で、幼い頃や場合によっては前世の記憶を語ることがあるという。

ここで、柏木さんや菊池に送りつけられた投稿映像が再度紹介される。

岩澤は興信所の調査結果資料を洗い直し、もう1人の被害者、日向さんが20歳になる直前、両親を亡くす交通事故に遭っていた事がわかる。そして彼のかつての同僚にコンタクトすることに成功し、取材に向かう。

つづく

感想

ここで紹介される映像は「ほんとにあった!呪いのビデオ32」の「続Twenty Seven 前編」で紹介されたものです。この映像はこれまでに何度も見ていますし、それ以外は取材のみで怖くはありません。販促の関係上、前のビデオを買うか借りるかしてみてね、という場合がほとんどなので、このように前作の映像が再度紹介されるのは珍しいと思いました。まあ発売日で2年近く経ってますからね。初めて見る方は少し怖いかも。

霊園(なかなか怖い)

概要

都内の大規模な霊園に肝試しに向かう若者たち。震災の直後なのだろうか、あちこちで墓石や卒塔婆が倒れており、ただでさえ不気味な霊園に一層の薄気味悪さが漂っている。倒れた墓石を映すカメラが仲間に向いた瞬間、2人の男性の背後からこちらを見つめる女性の顔が現れ、撮影者は逃げ惑う。女性が姿を表す直前にも、墓石の陰から伸びた手をカメラは捉えていた。

感想

明言されていませんでしたが、この規模の霊園であちこち墓石が倒壊しているのは、やはり震災直後なんでしょう。大勢の犠牲者が出ているのになんとも不謹慎な。そんなわけなのかなんなのか、何かに呪われたとしても仕方がないんじゃないんですかとか思いました。

とは言ってもこの顔、なかなか怖いです。出てくるタイミングがバッチリで、しかも今までと違ってちょっと斜めに出てくるあたりが怖かったですね。よくわかりませんが、この顔、左目が潰れているようにも見えます。また、逃げ惑う撮影者に、「なんだよ!」とキレ気味に叫ぶ友人2人のセリフがリアルだと思いました。あと、最後の最後でバーン!とこの顔アップにするのやめて。

腹切りやぐら(怖くない)

概要

若い男女が鎌倉観光に訪れた。道中女性が東勝寺跡に行きたいというので向かうことに。跡地はフェンスに囲まれ、中に入ることはできないので残念がっていたところ、「腹切りやぐら」という看板を男性が見つける。北条得宗家滅亡の際、大勢の武将が自害したという場所でもあり、これらの霊を供養するために存在するらしい。ちょっとした洞窟に多数の卒塔婆が建てられ、投稿者たちは賽銭を用意し、参ろうとしている場面で映像は終了する。

その映像の中、卒塔婆を写した場面で、その裏から男性の顔がこちらを覗き込み、すぐに卒塔婆の裏に消えてしまう。映像に同行していた女性はこの後、行方不明になってしまった。

感想

と言うか、岩澤氏が当然のごとく登場しますが、正式に本呪スタッフとして復活していたんですね(笑)。

で、映像ですが、本当に卒塔婆の裏に男性が隠れていたようにしか見えません。そのくらいハッキリと写っています。ですが怖さ的はそれほどではありません。でも、ちゃんと賽銭供えて参ろうとしているのに行方不明になるとかちょっと理不尽。たとえ参ったとしても、興味本位に訪れてしまったことが見透かされてしまったのでしょうか。それにしても最近多いな、本呪での行方不明。

シリーズ監視カメラ・病院(少し怖い)

概要

関東近郊のとある病院の監視カメラ。数秒ごとに数カ所を切り替えて記録するタイプで、階段、受付、エレベーターホールなどが次々と映し出される。非常階段に切り替わった時、突然カメラのレンズにヒビが入ってしまう。カメラはすぐに別の場所に切り替わってしまうが、1周回って再び非常階段に切り替わると、そこに足だけの存在が階段を降りている。

感想

ビシッ!!と突然狙撃されたようにヒビが入るので驚きます。それ以外は普通。

邪願(めっちゃ怖い)

概要

都内の有名な神社での光景。投稿者カップルが参拝を済まし、絵馬が祀られている場所に差し掛かる。撮影している投稿者は「正彦シネ」と書かれた絵馬を発見する。興味を惹かれその絵馬にズームするカメラ。するとその裏側から突然顔が覗き込むように現れ、無言で驚く投稿者。その場所は絵馬に周りを囲まれ、人が入り込むのは容易ではない。カメラが探っても、既に誰もいなかった。

感想

ちょっと覚悟してみたほうが良いでしょう。心臓が弱い方は要注意です。

現れるタイミングが絶妙なんです、早いんですよ。

絵馬に描かれている「正彦シネ」を読もうと、視線を集中させると間髪入れずに出てくるので、思わず「うわ!」っと悲鳴を上げてしまう。ふつう一呼吸置いてから何かが現れると無意識に思っているせいでしょうかね。映像そのものは絵馬の背後に人がいるだけなので、全然お化けっぽくないはずなのに、状況的に考えられない(四方が絵馬に囲まれているため)ので、非常に怖いというのがとても興味深い作品です。

本呪を語る際、一番怖い映像としてもよく挙げられる作品の1つです。以前私がまとめた「私的ベスト10」に、「廃神社」とともに何故入れなかっただろうと考えてしまいます。やはり絵面だけでは心霊っぽくないと感じたのでしょうか。

尚、この映像もよく地上波で取り上げられていました。

続追跡録 前編(ちょっとだけ怖い)

概要

岩澤は菊池と日向さんが、なんらかの形で接触していたのでないだろうかと考え、日向さんの調査を開始する。そして日向さんのかつての同僚にコンタクトし、インタビューを行うことができた。

元同僚の野久保さんによると、日向さんは明るくて気さくな性格であったそうである。だが両親を亡くした事故から、ふさぎ込むようになり、数ヶ月で職場を退職してしまい、その後連絡がつかなくなってしまったという。例の退行催眠の映像を見せるとこの人物は日向さんにまちがいないという証言が得られた。野久保さんから、日向さんの当時付き合っていた交際相手の小池さんを紹介してもらい、話を聞くことにする。

小池さんのインタビューまで間があるので、岩澤と渡辺は日向さんの両親が死亡してしまった事故現場に赴くことにする。見通しの良い直線道路であるが、現場に供えられた真新しい花束から、今でも事故が多発するのであろうか。さらに渡辺が以前見つけたあのマークを発見する。これはいったい何を意味するのであろうか。

日向さんのかつての恋人、小池さんは彼はもう亡くなっているのではと、淡々と語る。別れは事故のあと唐突に日向さんから告げられ、理由も話してもらえなかったそうである。別れる直前には東京の病院に通っていたこと、病状等の詳しい話は教えてくれないこと、薬を飲んでおりその袋に精神系の病院名が確認できたことなどを語ってくれた。さらに数年前に日向さんから手紙を受け取っていたこと、内容は事故に対する後悔の念を綴っており、遺書めいたものであることがわかった。

小池さんからの情報で、日向さんの実家を調べてみることにする岩澤と渡辺。この家は持ち主不在で放置されており、廃墟のようになっている。玄関は固く閉じられていたが、裏口の扉は鍵がかかっていなかった。不法侵入に躊躇する渡辺を岩澤が叱咤して中に入り込む。家の中は生活用品がそのままであったが、部屋の中に出窓があったり、異様な構造が垣間見られた。すると渡辺が小さな悲鳴を上げ、家から逃げ出してしまう。後を追った岩澤に渡辺は、岩澤の後ろになにか動くものが見え、思わず逃げ出してしまったと語った。

ここで日向さんの映像が紹介される。

ベッドに横たわる日向さん。精神科医師らしき男性に退行催眠をかけられている。受け答えする彼は憑依されたのか、前世を思い出したのか、古い時代の少女の視点で語り出す。画面が乱れた一瞬、ベットの向こう側に黒い何かが認められる。静止画で確認すると、菊池や柏木さんに送りつけられた、廃墟の映像に写った真っ黒な女性と同じような女の顔であった。

怯えた渡辺を残し、再度日向さん宅に侵入する岩澤。物置を調べると、例のマークが描かれた紙片が散乱し、あの領主に惨殺された少女のように、無残にも四肢がバラバラにされた人形が転がっていた。

感想

誘拐事件のもう1人の被害者、日向さんの正体がわかってきました。てか興信所の資料で身元がわかるなら、「ほんとにあった!呪いのビデオ32」の段階で調べておきなよって思いましたけど、そんなこと言っちゃダメですかね(笑)。ベッドに横たわる彼からはどうもあの映像を送りつけてきた謎の人物には見えないんですけどね。

因みに周りの風景から、日向さんは神奈川県にお住みだったようですよ。あれ、ビデオの消印は福井じゃなかったけ?

日向さんの実家に潜入するときも、渡辺氏に対するアタリが相変わらずきついですね岩澤さん。不法侵入に躊躇する渡辺氏に「手がかり探さないとダメだろう!」、「お前だっておかしなことになってるんだから!」、じゃなくてさ、「そんなこと言っている場合じゃない、全ての責任は俺が取る!」とでも言ってやれよとか思いました。

「お前だっておかしなことになってるんだから」と言うセリフが、「お前のためでもある」、「だから責任は半分負ってね❤︎」って言ってるような感じがして、なんかずるいなとも思いました。

さて肝心の退行催眠のシーンですが、日向さんのベッドの背後の顔は、物の見事にあの廃墟の顔だったことにちょっと驚きました。廃墟の顔は暗いために黒く、目だけ白く光っている、と言う認識でしたが、実際に顔から何から全部黒かったんですね。少しだけ意表をつかれた思いです。ただあんまり怖くはありません。

エピローグ(予告編)

概要

日向さんの足取りを追う岩澤。退行催眠の映像を足がかりに調査を進めると、ある1人の人物に行き着く。ダイジェスト映像には菊池宣秀からの着信が、岩澤の携帯に表示されているシーン等。

感想

なんか岩澤氏が鼻血出してます。

感想まとめ

印象に残ったのは「母の思い」、「霊園」と言ったところでしょうか。そして屈指のびっくり映像「邪眼」ですね。人によってはこの「邪眼」が本呪ベスト10で1〜2位を争うかもしれません。僕にとっては違いますけど。

メインエピソードはなんか疲れてきました(笑)。菊池発見早よって感じです。

菊池捜索の全記録、という程(てい)で岩澤氏が登場していますが、「腹切りやぐら」で、しれっと本スタッフとして登場し、いつのまにか本呪陣営に正式に復帰していることが示されます。そしてエンドロールでやっと監督(構成・演出)として戻ってきていることがわかりました。なかなかさりげない演出ですね。

コメント

  1. みっつ より:

    『霊園』は…無名の役者がブログか何かで「これに出演しています!」と宣伝してしまって騒ぎになったやつですね。。
    自分がレンタルして観た後の事でしたが、このエピソードなぜか印象にも記憶にもありません。この巻の『母の思い』や『邪願』等、他のものはわりと憶えているのですが。

  2. itton より:

    「霊園」は僕も忘れていました。最近のテレビの画質が良くなったせいか、改めて見るとまあまあ怖いです。

    無名の役者のネタバラシのの件は知りませんでした。でもそういうはやめてほしいですねぇ(笑)。僕も全部が全部本物だとは思ってなくて、それでも「怖えぇ」と楽しんでいるのですから。怪談の流儀として沈黙を貫いてほしいものです。

    そういえば過去の名作「ニューロシス」でも、出演していた女の子の1人がタレント事務所に所属していて、プロフィールに「出演:ほんとにあった!呪いのビデオ」とか載っていたのは見た事があります(笑)。

    • みっつ より:

      『ニューロシス』の件は知りませんでした!(苦笑)
      道理で女の子が可愛かったはずだ。あれは傑作格のエピソードですから、ちょっとショックですねぇ。。でも、よくああいうものを考えて作ったものです。とても真に迫っているし、アイディアとセンスが優れていますね。

      • itton より:

        まあフェイクだとわかったところで、あのエピソードが傑作で、とても怖かった事には変わらないのでいいんですけどね。

        「女の子がタレントでプロフィールに「出演:ほんとにあった!呪いのビデオ」とか載っていても完全にフェイクだとは限らない」…なんちって

  3. のん より:

    イワサワがキライです!
    渡邊さんが本当に気の毒。。
    フェイクだとしても見てて気持ちのいいものではなくて (T . T)

    あ、他の方のコメント読んだのですが
    無名の役者が出ていると言ってしまったのですね_:(´ཀ`」 ∠):
    墓地で撮影とはばちあたりな ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

    • itton より:

      この時の岩澤ひどいですよね。

      でも最新作の演出補・上田の態度を見ると、この時の調子でKANEDA監督に怒ってほしいと言う気にもなります。

タイトルとURLをコピーしました