ほんとにあった!呪いのビデオ67(ネタバレあり)

eye_catch_noro_67ほん呪
ほんとにあった!呪いのビデオ67
ほんとにあった!呪いのビデオ67

はじめに

「ほんとにあった!呪いのビデオ67」のレビューです。割と人気(?)のメインエピソード、「冥婚3部作」が始まります。

ロッククライミング(少し怖い)

概要

初心者にロッククライミング教えていたら上から人が何人も降ってきた。気が付いたらいなくなった。

感想

概要通りです。上からわらわら人が落ちてきてドカドカ衝撃音が響きます。たまたま、サラウンドのサブウーハーを鳴らしていたのでちょっとビビりました。そして、地面には累々と死体らしきもの(よく見ると半透明)が何体も転がっていると言う衝撃的な絵面になります。すぐに消えちゃいますが。

冷静に見ると、生きている人間はあんな人形みたいに落ちてこないんじゃ無いかと思いました。でもまあインパクトはありましたね。

奇怪な過去(なかなか怖い)

概要

ほんとにあった!呪いのビデオ52」に収録されていた「奇怪な未来」。何の変哲も無い映像に投稿者が首吊り自殺する映像がインサートされていた。奇妙なことにその映像の年月日は「2015年7月16日」で、撮影された日時のちょうど4年後の未来であった。投稿者には2015年6月には安否確認の連絡をしてもらう約束になっていたが、その日を迎えても連絡はなく電話は解約されてしまい、連絡がつかない。

そんな折、問題の日付の1週間ほど前に投稿者・柴崎さんの従妹を名乗る女性、角井さんから連絡があり、柴崎さんが7月ごろから行方不明であることがわかる。彼女によると、この不気味な現象をとらえた映像を、柴崎さんはかなり気にしていたそうである。そこで占い師にアドバイスを求めると、悲惨な未来を回避するために先祖が知らせたものであるとの返答に当初安心し、前向きに捉えるようになったと言う。環境を変えるために、奇怪な未来が写り込んだ部屋を解約し、現在の部屋に移り住んだそうである。

だが、今年(発売当時:2015年)の春頃より、少しずつ様子がおかしくなり、仕事を辞め、友人や元同僚とも連絡を取らなくなってしまった。角井さんが、柴崎さんの母から聞いたところによると、ネットや図書館で何かの事故、事件を必死に調べるようになった。また、あの「奇怪な未来」の映像の内容が、首を吊る姿ではなく、地面に倒れて血を流しているものに変化していたと言う話を聞いている。

柴崎さんの調べていた事件とは何だったのであろうか。角井さんが柴崎さんの母と失踪後の部屋を調べると、ノートに何ページにわたって貼り付けられた新聞記事のスクラップと、ビデオテープが見つかった。新聞記事は託児所で幼児が虐待されて死亡した事件。剥がしかけのラベル後に手書きで「かいてい」、もしくは「かりてい」の文字が認められるビデオテープには、保育施設のような場所で、死んだように動かない幼児3人と、階段のような暗がりから登ってくるおぼろげな人影。その幼児の1人に黒い手が纏わりつくという、不気味なものが記録されていた。

取材班は柴崎さんの姉、千幸さんにも話を聞く。千幸さんは、柴崎さんの調べていた事件については知らず、映像の入手経路も不明であった。ただ、スクラップにあった事故の1つに、柴崎さんが幼少期に預けられていた託児所があったと言う。この託児所では過去に死亡事故が起こっている。また、柴崎さんはその託児所ですべり台から落ち、大怪我を負ったことがあった。これ以来、彼は「おばあちゃん」と呼ぶ存在を怖がるようになったと言う。この託児所にはおばあちゃんと呼べるほどの年配の女性はいなかったので、家族は不思議がっていた。また、千幸さんの話では、成長して託児所を利用しなくなった頃に、姉弟で預けられていた近所の家に、着物を着た見知らぬおばあさんが迎えに来たことがあったという。この柴崎さんの預けられていたという託児所はとっくに閉鎖されており、関係者などに話を聞くことはできなかった。ただ、託児所が入居していたビルの近くでは、かつて終戦後の混乱期の食糧難から夫の連れ子の少女を妻が殺害し、なんとそれを食してしまうという悲劇があったことが判明した。

だが、これ以上の調査は暗礁に乗り上げてしまい、「奇怪な未来」で予言された、「2015年7月16日」を迎えてしまう。そして、翌7月17日、柴崎さんが飛び降り自殺で亡くなったという連絡が入る。柴崎さんは死の運命から逃れることは叶わなかった。

ここで、柴崎さんの部屋から見つかったビデオテープの映像が紹介される。

託児所のような部屋で、人形のように動かない3人の子供の姿。しばらくすると場面が切り替わり、床にぽっかりと空いた長方形の暗がりに階段が見えている。それは階下に通じているようで、手前は落下防止のゲートで塞がれている。その暗がりから、うっすらとした人のような、何とも言えないものが左右に大き揺れながら登ってきているようだ。一定時間ごとに子供のいる部屋と階段の映像が交互に切り替わり、どうやらこれは監視カメラの映像のようである。映像には歌声とも、呪文とも聞き取れる、うめき声のようなものが終始流れている。最後に一番手前の子供の後ろから、真っ黒い無数の手が伸びてきて映像は突然終わる。

感想

「これからも調査を続ける」とか言っておきながら、その後何の音沙汰もないというパターンが多いので、ちゃんと伏線を回収した珍しいエピソードですね。でも、隠キャみたいな雰囲気だった柴崎さんが、ガーリーで可愛い感じの従姉妹(モザイクなので想像)と仲が良かったとか、実は綺麗好きだったとか、美人のお姉さん(これも想像)がいたとか、幼少期に滑り台事故で大怪我を負ったとかの新事実に、後付け設定感が拭いきれないところもあります(笑)。

でも映像はなかなか不気味なものに仕上がっています。ベビーベットの部屋で人形のように動かない子供達は、文字通り人形にしか見えませんのでさほど怖くないですが、階段から上がってくるぼんやりとした人影は、人間というほどはっきり写っていない、ぼやっとしたものなのに、動きが人間としか思えないところがかなり怖いです。鼻歌とも呪文とも取れる変な歌声(?)も気味が悪いですね。

合唱(怖くないが…)

概要

投稿者の男性が、幼少期に通っていた音楽教室の発表会の様子。最近この映像を見返したところ、奇妙な現象が確認できたという。子供たちが合唱を終え、観客にお辞儀をする場面で、その背後に今まで存在しなかった女の子が現れ、1呼吸遅れてお辞儀をする。

感想

ちょっと待ってください。次のエピソードに切り替わる際の砂嵐のなかに、なんか変な顔が写ってますよ。一番最後のリプレイの後です。投稿映像の一部とは思えないので、編集ミスですかね。演出だとしたら何故ここだけ?

投稿映像ははっきり写ってます。もしフェイクでなくガチなら貴重な心霊映像の資料となるでしょうが…ありきたりで怖くはないです。

シリーズ・監視カメラ 扉(笑ってしまう)

概要

幽霊が挟まって扉が閉まらない。

感想

そのまんまです(笑)。監視カメラには扉に挟まってヘッドライトに照らされた幽霊がはっきりと写っていて、なぜか宙に浮いている(見えない台座か何かに突っ伏している)というなかなかシュールな絵面です。

人形焼(少し怖い)

概要

若者たちが深夜の浜辺で焚き火している映像。この映像に奇妙なものが写り込んだ。

投稿者、石丸さんとその友人の立花氏。そして立花さんの友人である鴨居さんは、海岸で焚き火をする。だが、燃料となる木々の枝が足らず火が消えそうになると、鴨居さんはその辺にあったという衣類のようなボロ切れやぬいぐるみをもってきて、焚き火にくべてしまう。火は勢いを増したが、しばらくするとそこから物音がしたという。そして、彼らの背後にはその場にはいないはずの女性の足が写ってしまった。

この海岸にはある知的障害のある女性が住み着いていた。子供の頃から親しんだ海岸にホームレスが住み着いてしまったことに憤りを覚えた地元の不良集団は、この女性をどうやら虐待の上、殺害してしまった可能性があり、どうやら鴨居さんがその行為に加担していた節がある。あの服やぬいぐるみは、その女性の持ち物だったのではないか。その後鴨居さんは独り言を言ったりと、様子がおかしくなり、連絡が取れず行方不明になってしまった。

ここで映像が紹介される。

焚き火をする若い男性3人。消えそうな火にくべる為、鴨居さんらしき人物はどこからかボロ切れやぬいぐるみを持ってくる。無情にもそれらを火にくべてしばらくすると、焚き火から女の悲鳴を早回ししたような奇妙な音、あるいは声のようなものが聞こえる。消えそうな火をあおぐ彼らの背後に、黒いスカートを履いた2本の足が写り込んでいた。それは数秒後うっすらと消えてしまう。

感想

俺たちの浜辺にホームレスが住み着くのは許せないが、勝手に焚き火をして環境を汚すのはいいんだ、と思いました。故人の持ち物、ましてや大事していたと思われる、クマのぬいぐるみを何のためらいもなく燃やしてしまうのはちょっと理解できないですね。胸糞な話でした。

テーブルゲーム(怖い)

概要

雀荘で麻雀やってたら、全自動卓の下に男の子の幽霊がいた。投稿者の調べによると、この雀荘に出入りしていた男性の息子が、育児放棄により亡くなっていたと言う噂があるのだと言う。さらに投稿者はこの男性にどことなく似ていると言うのだが…

感想

点棒を払っている時に、男の子の顔が唐突に現れます。白目で結構怖い顔です。でもエピソードの話はこじつけくさいですね。そもそも噂話なのに似ているとかよくわかったな。

禁忌 前編(怖い)

概要

投稿者の女性が職場の同僚の部屋でチーズフォンデュパーティーをしている映像にあり得ないものが記録された。

取材班は投稿者、戸松さんの話を聞く。寝室につながる引き戸はゆっくりと開き、そこから男が手を伸ばしてくるという映像が撮れてしまったという。女性がブツブツと何かをつぶやいている声も記録されていた。この部屋の主である同僚、八幡さんは、部屋のありとあらゆる隙間をガムテープで塞ぐほど恐怖に怯えるようになってしまったそうで、仕事も休んで引きこもるようになってしまった。

取材班は八幡さんの自宅のアパートを訪ねるが、窓は新聞紙で塞ぎ、襖やドア、挙げ句の果てにはエアコンの隙間も塞ぐほどの異常な状態。八幡さんによると、どこかから覗かれているような気がすると語る。また取材班は彼女の上の階の住人から、玄関前に男性が立っていたという証言を得る。声をかけると、八幡さんの婚約者と名乗っていたそうだ。特に特徴もなく無表情で、何かおかしな感じはしたそうである。

取材班は裏どりをするが、八幡さんには恋人はおらず、ましてや婚約者がいたという話もないそうである。また、八幡さんの別の同僚から、彼女が幼少期に両親の寝室の扉の隙間から父親が母親に乱暴する姿を見てしまったという話が聞けた。これが八幡さんの隙間に対する異常な恐怖心の一因になったのであろうか。川居の報告でも八幡さんの周辺でのトラブルや事件は何もないとのことであった。ただ、川居の個人的な感想であると前置きしつつも、非常に生理的な嫌悪感、不快感が感じられるとのことであった。

それでも八幡さんの交友関係を広範囲に広げて調査を継続し、彼女の美術大学時代の先輩にあたる石川さんに話を聞くことができた。彼の八幡さんに対する印象は、真面目でおとなしいというものであった。石川さんは2ヶ月ほど前に下村さんという写真家から、写真のモデルを探しているという話を聞く。そのモチーフは20台後半の女性で、清らかで奥ゆかしい、そして男性経験の少ない、できれば処女が望ましいという、実にキモいものであった。この石川はその条件を聞いた時、八幡さんを思い出し、彼女に同意を得ずに写真とプロフィールを下村に送ってしまったことを、悪びれることもなく語る。下村からはその後連絡などはなかったそうだ。

取材班は下村の連絡先を聞き取り、電話取材を試みるが、石川の写真のモチーフのキモい条件の件を切り出すと、何も言わずに電話を切られてしまい、以後電話に出なくなってしまった。

ここで例の映像が紹介される。撮影者を含め4人でチーズフォンデュを頬張る様子。奥の寝室の引き戸がゆっくりと開き、手が伸びてくる。女性のと思しき呪文のような音声が激しく鳴り響く。引き戸は10数センチほどしか開いていないのに、その隙間から男の顔と体が部屋に入ってきていた。

取材の数週間後、戸松さんから自宅近くの雑木林で倒れているのが発見され、意識不明で救急車で運ばれたという連絡が入った。首吊り自殺のようであるが、別の電話が入ったのか、命に別状や、病院の場所等を聞き出す前に、話の途中で電話を切られてしまった。肝心の情報の少なさに苛立つ菊池監督。スタッフロールの後、エピソードは終わる

次回予告

投稿映像に入り込んだ謎の音声と男の影。その恐怖は1人の女性を自殺未遂へと追い込んだ。過去に残った、類似の音声が入り込んだ映像の撮影地は中国であった。調査により取材班は死んだもの同士を結婚させるという古い風習にたどり着く。禁じられた儀式が今行われようとしている。次回、「ほんとにあった!呪いのビデオ68」をお楽しみに。

ナレーション:「現実の恐怖にリプレイはない」

感想

まずどうでも良いことですが、まず石川さんの「デザイナーは成功する人はほんの一部の不安定な職業」という発言に違和感を感じます。なんか芸術家と勘違いしてませんかね。知り合いにデザイナーが何人もいるので知っていますが、彼らはアーティストではなくプロフェッショナルです。そして言うなれば大半がサラリーマン…じゃなかったオフィスワーカー(女性が多い)です。絶対事情通じゃないだろ。

てか、本人の同意もなしに、「処女が良い」なんてキモいこと言う男に写真やプロフィール送るやつがあるか。個人情報保護法違反になるんじゃないの?

映像は確かに気持ちの良いものではありませんが、それほどの嫌悪感は感じませんね。それより、八幡さんのエアコンの隙間まで目張りする異常な行動の方が不気味さを感じます。

森澤氏の「夫婦の夜の営みを、子供に父による母への暴力と受け取ってしまう」と言う話を、川居さんに「よくあるよね」と振ってしまった後、「何言ってんだこいつ」と言う顔で「私はないですけど」と言われてしまうシーンが、ちょっと可笑しかった。

感想まとめ

このエピソードで山下氏、今野氏が姿を消し、以前の演出補・森澤氏に変更されています。まあ、森澤はスタッフロールには記載されていたような気がするので、最近は映像に出てこなかっただけかもしれませんけれども。また、新演出補・熊倉氏が初登場しますが、こちらは全く目立ちません。

今回は怖いと言うより、興味深いエピソードが多かった気がします。「奇怪な過去」や「人形焼」が印象に残りますね。メインエピソード「禁忌」も興味をそそります。ただ映像的な怖さは、「テーブルゲーム」以外はほとんどなかったですね。逆に「テーブルゲーム」は話があっさりしすぎて興味を感じなかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました