呪われた心霊動画XXX_NEO 15(ネタバレあり)

eye_catch_xxx_neo_15レビュー

はじめに

「呪われた心霊動画XXX_NEO 15」のレビューです。今回も面白かったですが、「古びた椅子編」は終わってしまったようです。

スポンサー・リンク

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

74 残された夜(怖くない)

概要

昨年秋に送られてきた映像。投稿者宮内さんは彼氏と行った横浜の動物園の帰り、近所のハイキングコースでおかしなことがあった。しかしオカルト好きの彼女も今まで見たことのない現象であった。

それは鬱蒼とした公園の道の先に真っ黒で台形の空間のようなものが窓のように空いており、その先に青いドレスを着た女性が首を吊っているようなものであった。女性の顔はその空間の外にあり、表情は伺えなかったが、吊ったロープが軋むような音が聞こえる。

奇妙なことにその青いドレスは宮内さんが持っているものと全く同じように見えた。これは宮内さんの仲の良い友人が作ってくれた1点ものであるというのだが……。

このインタビューは昨年の秋であるが、最近になってXXXスタッフは再びこのドレスを目撃することになる。「いや、ずっと前からそれは存在していたのだ」このようなテロップでエピソードは終わる。

感想

空間を切り取ったように暗くて四角い窓が空いています。台形なので、奥行きがあるというか、自分から見て斜めの窓があるようにも見えますね。よく見ると、昼間の道が夜に続いているようにも見え、異世界感が何とも言えません。

全く怖くないかと思いきや、ロープの軋む音が意外と不気味ではあります。また「前から存在していた」というテロップが、今後の展開に期待を膨らませますね。

2022年10月9日追記
ここの場所が判りました。「氷取沢市民の森」の「おおやと休憩所」付近ですね。ここは残念ながらGoogleカーはおろかGoogleマンも未踏破なのでバッチリここ、という場所はわかりませんでしたが、以下のブログにB6と書かれた看板標識の写真が確認できます。後のエピソード、「!」の現場と程近いです。また彼女たちが訪れたのは「金沢動物園」だと思われます。
https://hamakore.yokohama/oooka-river-source-yokohama-report/

75 展示品(怖い)

概要

「投稿者はいまだ精神が混乱している中インタビューに応じてくれた」

上記のようなテロップと共にエピソードは始まる。投稿者柳下さんの夫は秋葉原でビデオカメラを買ってくる。そのカメラは店頭の展示品だったのだが、そこに奇妙な映像が記録されていた。展示状態のカメラが記録したものらしいが、こちらを向いて立ちすくんでいる年配の男性が左端に写っている。不思議なことにその老人は瞬きもせず30分近くそこにいた。改めて見返したところ、時間が経つにつれその顔が醜く歪んでいくことに初めて気が付いたそうだ。

次のようなテロップ(改行等修正済み)と、3秒のカウントダウンの後、問題の映像が紹介される。

これより問題の映像をお見せします。懇意にしている霊能者によると、人間や幽霊の怨念とは違う、禍禍しいものを感じるとのこと。また次のエピソードにも同種の念を感じ特にその音声に人を惑わす力があるとのことです。どちらの映像もくれぐれも自己責任でご鑑賞ください。

店頭のビデオカメラが撮影したような映像。画面左にこちらを向いて立っている年配の男性が確認できる。奇妙なことに彼は瞬きすらしない。早送りすると、その顔の向かって右反面から歪みだし、その目鼻口が歪み切ったところで映像は唐突に終わってしまう。

感想

映像ですが、福笑いのように歪み切ってしまう老人の顔が不気味ですね。ただ、これよりもその後の状況というか経緯の方が怖いです。

76 蝉の声(雰囲気怖い)

概要

柳下さんはこのビデオカメラを持参して、娘と近所の公園に遊びに行くが、そこで奇妙な出来事が起こる。そしてその後に柳下さん一家を襲った悲劇とは……。

感想(ネタバレ注意)

公園で老人の「こんにちは」という声に振り向くと、周りの音が一切聞こえなくなります。蝉の声が聞こえなくなった、という柳下さんの発言がサブタイトルの意味になっています。彼女が娘を探す声も、エコーがかかって、まるで同じ風景の異世界に迷い込んだ感じ。少し離れた木の影からあの老人がこっちを見ていて、柳下さんが駆け寄ると誰もいません。「どっちがいい?」というさっきと同じ男の声が聞こえ、その時彼女は何故か夫の姿を思い浮かべてしまいました。

その後、夫は駅のホームから電車に飛び込んで自殺。ですが彼を押す手を見た、という目撃証言があるものの、監視カメラでは自ら飛び込んでいるようにしか見えなかったそうです。

その後可愛い娘ちゃんは自分の髪の毛を食べてしまったり、夜泣きなどの睡眠退行の症状や「なんで私じゃなかったの?」という、自責とも、母親を責めるものともとれる、うわ言を呟いた事もあったそうです。「どっちがいい?」との声に無意識に娘を守ったものの、結果的に夫を犠牲にしてしまった彼女の境遇、苦悩には同情を禁じ得ません。

インタビューシーンで「最後に投稿者はこんなことを言った」のテロップの後、柳下さんが「どっちがいいと聞かれた後に…」と発言するところで、あの老人の声で「完了した」という声が聞こえます(怖)。

柳下さんが全くのすっぴんであるのがちょっと気になりましたが、「未だ混乱の渦中にある」という彼女の心境になぞった演出の一つであると解釈しました。

2022年11月19日追記
この場所は東京都杉並区の「和田堀公園」内の遊歩道であるとの情報がBaobhan-Sithさんより寄せられました。Baobhan-Sithさんの知人がこの辺に住んでいるとのことで、写真から老人が顔を出した木も特定できたそうです。残念ながらGoogleストリートビューが公園内の遊歩道全て網羅していないので、ここ、という場所は示せませんが、和田堀池と隣接するグラウンドの間の遊歩道のようです。詳しくはコメント欄をご覧ください。Baobhan-Sithさん、情報ありがとうございます。

77 プロジェクター(少し怖い)

概要

大谷さんは友人の篠原さんと、近くのレンタルスペースの大画面プロジェクターで、映画を楽しむことにした。その映画の中盤で映像が止まってしまい、フリーズしたのかブルースクリーンになってしまう。係の人に伝えようと立ち上がると、プロジェクターに写った彼女の影に重なるように、何本もの手の影のシルエットが現れた。それだけではなく、スピーカーから赤ん坊の泣き声のようなものも聞こえ始め、彼女らはパニックに陥ってしまった。すぐに部屋を出て深夜営業の居酒屋に避難したそうである。

大谷さんはこの現象について、その他に2点の違和感を感じたと話してくれた。それは……。

感想(ネタバレ注意)

篠原さんがプロジェクターの青い光に照らされ、スクリーンにシルエットになっているのですが、そこから何本もの手が千手観音みたいに蠢いています(このシーンは予告編にもありましたね)。NEO10の「墓地裏の公園【変態】」を思い起こさせます(関連性は不明ですが)。指が異常に長く、禍禍しさを感じてちょっと怖いです。反面、赤ん坊の声は良く判りませんでした。

大谷さんの感じた違和感の一つは、この現象が始まる少し前に映画の中に一瞬差し込まれていた映像です。それはお地蔵さまがずらっと並んでいるという画で、見ていた映画は洋画なので、そんなはずはないというものでした。大谷さんはこの時に映像を記録していなかったのですが、スタッフがレンタルルームと交渉して、その時の防犯カメラの映像を入手してそれが紹介されます。確かにお地蔵さまが並んでおり、風車などが確認できるので水子供養を連想させます。

尚、この防犯カメラの映像、観ている映画はモザイクがかかっているのですが、横のホワイトボードに一部がモザイクなしで反射して写っていました。白いシャツをはだけた男性の姿が確認できますので、映画好きの方なら何の映画を観ていたのか判るかもしれませんね。映像の終わり際、ここに大口を開けた人の顔が見えた気がするのですが、それは私の気のせいかもしれません(笑)。

もう一つの違和感は友人の篠原さんがパニックに陥っている映像シーンで、何故か笑っているというもの。大谷さんは怖すぎて笑っているというより、何か馬鹿にしたように嘲笑っているように感じたそうです。確かに満面の笑みを浮かべていて不気味ですね。彼女が何かを知っているのでは、という含みを持たせたエピソードになっています。尚、篠原さんはインタビューの可否に関して返答が無く、取材はできていません。

78 !(かなり怖い)

概要

投稿者渡瀬さんは「!」の道路標識の箇所は幽霊が出るという噂を確かめるために、友人とネットで調べたその場所を訪れる。トンネルを抜けた先にあるその標識には所謂「補助標識」がなく、一見何に注意したらよいのか判らない。そのような標識の場所には幽霊が出るというのは、昔からまことしやかに伝わる都市伝説である。

彼らはその標識に辿り着くが、撮影している渡瀬さんが近くにそびえる高速道路の高架を見上げると、そこに女性がこちらを見下ろし、手を振っていることに気が付いた。不気味思った渡瀬さんは、近くにいた友人に一緒に見るよう伝えるが、再び見上げても誰もいない。友人は誰の姿も見つけることはできなかった。

三たび、渡瀬さんのカメラが高架を見上げると……。

渡瀬さんは何かに激突されたような強い衝撃を感じてその場に倒れ込んでしまう。彼の背中には大きな痣ができてしまい、高熱を出して何日も寝込む羽目になった。

感想(ネタバレ注意)

渡瀬さんが3度目に見上げると、半透明の女が大の字になって猛スピードで落ちてきます。最初に彼が女を見つけた時にはその女の顔がボケたようになっていて分からなかったのですが、落ちてくるときには表情まではっきりと判って怖かったですね。というか予想外でかなりビックリして、ちょっと声がでてしまいました。

背中のおおきな痣もリアルです。人の形になっているようで、その腕が折れたように下に曲がっているのが判って実に気持ち悪かったです。

フェイクだとは思いますが、ほどほどリアルさが感じられ、好きなエピソードです。

2022年10月9日追記
ここの場所が判りました。

近くに「金沢動物園」があるので、「残された夜」の宮内さん達が訪れた場所も、この近くではないかと思います。もうちょっと調べてみます。

2022年10月9日さらに追記
「残された夜」の場所も判りました。

79 青いドレス(怖い)

概要

「死画像」からはじまるこのシリーズは7年にもなるが、スタッフ結成の初期から、奇妙なEメールが届いていた。それは「SHIGERU YAMANE」を名乗る者からで、他愛のないあいさつ程度の内容のものであった。このメールには必ず動画が添付されていたが、ボケボケで、不気味なな音声が入っているものの、意味不明なものであった。

スタッフの誰もがこのような人物に心当たりがなかったが、その旨を返信してもなしのつぶてであった。だが最近加入した新人スタッフがこの画像を調べ上げ、ジグソーパズルのようにつなぎ合わせることによって一つの大きな動画の一部になっていることを突き止める。

そこには見覚えのある青いドレスが写っていた。そう、1番目のエピソード「残された夜」のドレスであるが、エピソードでは7年ほど前の別の投稿者のインタビューシーンになる。服飾関係の専門学校生、鴻上さんは学校に伝わる噂話を語ってくれた。

昔の女生徒が校内のコンテストに出品するドレス制作でノイローゼになり、このドレスに火をつけて自ら焼身自殺をした。それは青いパーティドレスで、そのドレスを着た女の幽霊が目を付けたお気に入りの生徒を呪い殺すといったものだったが、鴻上さんは学校の倉庫で「コンテスト審査用」と書かれたビデオテープを見つけてしまう。彼女はその中身を観たそうだが、「青いドレスが…」と言い淀み、これ以上は話してくれなかった。怖くなった彼女はテープを元の倉庫に戻し、今は手元にない、今度持ってくると言う話だったのだが、彼女とはそれっきりになってしまったという。

青いドレスという共通点から、「残された夜」の山内さんに連絡を取り、ドレスを作成した仲の良い友達について聞こうと電話してみるものの、こちらの声が山内さんには聞こえないような様子であるばかりか、最後にはファックス音のようなノイズともとれない奇妙なノイズ音で切れてしまう。その後、奇妙なアクシデントが続き、彼女とは今も連絡が取れていない。

以下のような警告テロップ(超意訳)と10秒のカウントダウンの後、スタッフが再構成した映像が紹介される。

これから「SHIGERU YAMANE」の映像を紹介するけど、これ見た新人スタッフ(女性)は手を骨折する事故に遭ってるよ。彼女は映像に変化が変化している気がするとも言ってた。なんかやばそうだからくれぐれも自己責任で見てね。

映像の内容はご自分の目でお確かめください

感想

野暮なので映像の内容を詳しくは言及しません。かなり怖いというか、気持ちの悪い映像です。

さて、このエピソードですが、私が気が付いた点はこれくらいでした。

  • 「SHIGERU YAMANE」の添付ファイル名の先頭が「WQ」
  • 添付ファイル名の数字に何か意味があるかもしれないが不明
  • 「SHIGERU YAMANE」の一部を入れ替えると「GERUYAMA SHINE」
  • 最後の映像、ボケているが「クニコ」の映像がある(予告編でも登場)

なんか他にもありそうな気がしますが、とりあえずこのくらいしか判りませんでした。因みに「GERUYAMA SHINE」は私が自力で見つけたものではなく、ニコ動でコメントしてくれている人がいたのです。

あと、山内さんとの電話のファックスのようなノイズの中に、何かしゃべっているような声が聞こえます。残念ながら何を言っているのか聞き取ることはできませんでした。

話の流れからすると「SHIGERU YAMANE」は鴻上さんという事が想像できますが、なんか違う気もします。それにしても「XXX」が始まった頃からの事象という、「そうきたか!」という展開にちょっとワクワクしました。まあ以前から仕込まれていたわけでもないので、後からいくらでもでっち上げられますけどね。過去の「XXX」を精査したら青いドレスの女が写ってた!なんてことが発見出来たらすごいと思いますけど……。

感想まとめ

今回は「青いドレス」以外は他のエピソードとの関連が薄い、というか全く無いように感じられました(私が見落としているだけかもしれませんが)。「展示品」と「蝉の声」は一つのエピソードに見えますし、「プロジェクター」と「!」は何の関連も無いように見えます。

また、気になる程ではありませんが、スタッフの露出もほんのちょっと多い気もして、少しだけ作風が変わったようも思えます。

新人スタッフが登場し、「島田君かも!」とちょっと期待しましたが女性なので異なりますね。

とは言っても今回も面白かったですね。「古い椅子編」は終わってしまったようですが、新しい物語が始まり、今後の展開が楽しみです。

では。

あ、今回はロケーションが全然わかりませんでした。(2か所判りました。)

スポンサー・リンク

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


コメント

  1. TJ より:

    レビューお疲れ様です。今回は次回作への伏線貼りな回でしたね。

     共通点は青いドレスという点以外では、「残された夜」と「!」の撮影場所が神奈川県という事くらいですね。場所の雰囲気的に「残された夜」と「蝉の声」の撮影場所は近い(?)と感じました。
     また、「!」にて高架上から投稿者に手を振る女は、前作NEO14「おひさしぶり」で窓外から投稿者に手を振る女と似ているような気がしました。

     あくまで私の見解ですが、「残された夜」の宮内さんが友人からドレスを作ってもらったのは(インタビュー当時から)五年以上前で、「青いドレスの女」の鴻上さんがスタッフルームを訪ねてきたのは七年近く前と時系列が近い。
     私は一度、宮内さんの仲の良い友人=ノイローゼで自殺した女性=青いドレスの女という繋がり説を立てましたが、時系列の近さ的に考えてその説は薄い。(宮内さんはドレスを作った友人が自殺したなど語っていないし、鴻上さんはその噂は「昔の話」と語っていたので)。
     更に鴻上さんは、女性が焼身自殺したと語りましたが、「残された夜」の霊は首吊りをしているので、宮内さんが見た霊はやはり宮内さんの末路(?)。(鴻上さんの話はあくまで噂ですけど…)

    XXXシリーズはエピソードの繋がりと解釈に地味に頭使わされますね(笑)。長文失礼致しました。

    • itton より:

      TJさんこんばんは。

      >「残された夜」と「蝉の声」の撮影場所は近い(?)と感じました。

      私もそれ感じました。なんとなく雰囲気が似ているんですよね。宮内さん達が訪れた動物園はどこなのでしょうか。横浜の動物園と言えば「ズーラシア」ですが、ピー音の短さから違うような気がするんですよね。「金沢動物園」か「野毛山動物園」のどちらかだとは思うのですが、もう少し調べてみます。高架から手を振る女性は確かに「おひさしぶり」の女性に似ている気がしますね。

      >時系列の近さ的に考えてその説は薄い。

      そうですよね。そもそもドレス萌えちゃってるはずだし。ドレスに怨霊が宿ってこの世のものではなくなり持ち主を渡り歩いているのか…とか考えてみました。

    • itton より:

      TJさん。

      「!」の場所が判りました。金沢自然公園IC付近です。レビュー本文をご覧ください。
      近くに「横浜市立金沢動物園」がありますね。

  2. ハコ より:

    今回は導入から警告ありとなかなか引き込まれる構成でしたね
    自分もニコニコ動画で見たのでGERUYAMA SHINE知りました 何かのアナグラムかなぁ?と思ってたら速攻答え出てきてちょっと笑ってしまいました
    今回の話の繋がりはクニコやWQやゲル山といったワードは言わずもがなですがそれ以外はどうなんでしょうかね 展示品 蝉の声は他のエピソードに関連があるように思えませんし他巻にも今のところ繋がりは見えません ツイッターで見てみたらカメラに写ってる老人は無印12の4290XXXに写っていた人物ではないかという説がありました
    一応確認してみましたが雰囲気は似てますが老人のように首を若干傾げてる方の人物は年齢が違うような気がしました
    今回は今回で面白かったのですがNEO13 14の話は終わってしまったのかなとちょっと残念になりました 特に13は消化不良感が強かったので
    いかんせん船山シリーズが長期に展開していたのでそういったのを期待してしまいました
    ともあれあいかわらず楽しめました 次巻にも期待です

    • itton より:

      「GERUYAMA SHINE」はほんと速攻でしたね(笑)。初見はコメントオフで観たほうが良いかもしれませんね。
      それぞれの直接的な関連性が見られませんが、先のコメントでTJさんが神奈川県で場所が近い気がすると述べてくれているので、場所的な関連性はありそうです。
      老人はちょっと年齢が異なる気がしますね。雰囲気は似ているのですが。

      船山君はまた登場しそうな気がします。

  3. ツカハラ より:

    投稿お疲れ様です。

    警告映像のファイル名に、「WQ」の他にも「ST」が入っていました。

    あと、「プロジェクター」で水子供養の地蔵が映っていたので、NEO13巻に登場する内山さんの子どもを堕ろしたのは実はあの投稿者の友人なのか?とも思いました。

    自分も「!」で飛び降りる女は「おひさしぶり」に登場する女に似ていると思います。

    • itton より:

      夜も遅いので明日確認します(怖いのでw)。

    • itton より:

      >「WQ」の他にも「ST」が入っていました。

      ST確かに入ってますね。残念なのが、このファイル名が完全なものは1本分しか紹介されていないことですね、他のは長すぎて中程が省略されてしまってます。

      WQ003…071789.mp4
      WQ009…511452.mp4
      WQ012…561112.mp4

      WQ020ST374_82111334.mp4

      >実はあの投稿者の友人なのか?

      水子供養という繋がりから考えられますね。

      >自分も「!」で飛び降りる女は「おひさしぶり」に登場する女に似ている…

      雰囲気は似ていると思います。振っている手は逆ですけれども。

      • ツカハラ より:

        あと例のプロジェクターに映っている手は13巻の「椅子」に登場する霊の手にも見えました。

  4. antonescu より:

    投稿お疲れ様です。

    本編見た後にここの記事を見に来ると、如何に皆さんが隠し要素探しの天才かがよくわかりますね
    また何か見つけてから出直したいと思います((+_+))

    「プロジェクター」に出てくる大量の地蔵なんですが、なんとなく、秩父にある地蔵寺(お地蔵さまが14000体あると噂の)に似てる気がしてます。風車の形状とかも何となく似てる気が・・・まぁ、風車なんてどれも一緒だと言われればそうですし、特にこれまでの作品で秩父に関連するものもないんですが。

    これからも頑張ってください。^^

    • itton より:

      秩父にある地蔵寺、紫雲山地蔵寺ですね。
      映像がモノクロで不鮮明なので確信は持てませんが、限りなく近い感じがしますね。
      情報ありがとうございます。

  5. fd より:

    場違いのコメント失礼しますが、無印14のスピーカーフォン後半の音声について新事実がありました!これ通常速度だと判別しがたいですが2倍速にするとある言葉に聞こえます。『帰って』https://youtu.be/ZPj4o1iVxjk
    youtube上にアップされているので試してみてください!

    • itton より:

      え?
      遅くするのでなくて2倍速にするんですか?

      うーん………なんかそんな風に聞こえなくもないですけど…
      「帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って帰って」
      あ、聞こえてきた。一度認識するとそんな感じに聞こえますね。
      情報ありがとうございます。

  6. TJ より:

    お知らせありがとうございます!

    そして、〈ドレスに怨霊が宿ってこの世のものではなくなり持ち主を渡り歩いているのか…〉というittonさんの考えはいかにもXXXらしい考察だと思います。

  7. sato より:

    新人スタッフが出てきたとき(島田くんがついに!?)となりましたが女性だったので違ったか…と思っていたらコメントでも「島田くん?」って流れてきて笑いました。
    あとXXXに関係ないですがエンタメ~テレ制作の心霊マスターテープが面白かったんでまだ見てないようでしたら是非(ホラードラマですけど…)。

    • itton より:

      同じこと考えている人がいたのに笑いました。

      心霊マスターテープ(無印)は実は観ています。最初観た時はまだ「NotFound」をろくに観ていなかったのでレビューはせずにいたのですが、もうそろそろもう一度見直してレビューしてみようかなと思っています。ところで、「念写」「EYE」はまだ未見なのですが、いかがでした?

  8. fd より:

    新人スタッフって島田君じゃなくて真田さんではないでしょうか?いやそもそも彼女って…すみませんここからはデリケートな問題なので伏せておきます。

    • itton より:

      それはないとおもいます(笑)。
      あの体躯は真田さんじゃない、真田さんでかいし(島田君が小さいだけかもしれませんが)。
      あと、真田さんはじょ…うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp

  9. しゅん より:

    展示品と蝉の音の投稿者のインタビュー中、画面が明るくなったり暗くなったりしてて違和感を感じました。車が通ったのかなと思ったのですが一定のリズムで明るくなったり暗くなったりしてるし展示品の動画も最後の方明るくなったり暗くなったりしてるので車ではないと思います。

    • itton より:

      >展示品と蝉の音の投稿者のインタビュー中、画面が明るくなったり暗くなったりして

      すみません。僕のところではこれは全く確認できないのです。
      レンタルしたDVDと「アムモ98ホラーチャンネル」双方で確認しました。
      どういう事でしょう((((;゚Д゚))))

      皆さんのところではどうですか?

  10. fd より:

    申し訳ありませんが、ここで警告映像のネタバレをしてもよろしいでしょうか?初見の人は注意かもしれません。

    35本の映像を集めたと思しき映像。どうやらとある部屋の一角らしく、左側に椅子、右側にコートハンガーにかけられた例の青いドレスが着せられた首のないマネキン、そして中央には本棚に混じってぼやけているがクニコと思しき写真が飾ってある。終始、女性の泣き声とも笑い声ともとれる音声が近距離や遠距離での反響として聞こえる。そして、映像が進むにつれ信じられない変化が起こる。マネキンだと思っていたドレスを着たオブジェが首の部分が盛り上がり、顔の下半分が朱く染まった形容しがたい不気味な容貌に変化していった。また、腕を振り上げようとしたところで映像は終わる。

    勝手に描いてすみませんでした(_ _)

  11. Baobhan-Sith より:

    ittonさんへ

    お久しぶりです。
    既に冬の気配が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
    私はあいかわらず元気にしております。
    なんとか生きているという感じではありますが。
    ittonさんと直接鑑賞会などすることはできませんが、
    遠い場所からではありますが、いつまでもittonさんのレビューを楽しみにさせていただいております。
    それではまたNEO16で。

    Baobhan-Sith
    -----------------
    添付ファイル ↓すべてダウンロード
            ̄

    WQ884ST564_22027001.mp4

    というのはさておき、今回はレンタル発送が早く来たのですぐに見れました。いやー、今回も楽しかったです。
    家族ミサキ編は終わりなのかそうじゃないのか…プロジェクター回や青ドレス回を見る限り繋がりありそうな気もするので、もしかしたらXXXNEOは13から「最終章突入編」で、心霊オールスター大感謝祭に向けての伏線を作っているのでは…みたいな壮大な妄想をしてしまいます。青ドレス回が79回目なのであと20話でおしまいですし。
    SHIGERU YAMANEが「ゲル山チネ」の入れ替えともっと早く気づくべきでした…ゲル山はXXX班に強大な呪詛をぶつけようとあちこちで悪さをしてるとかそういうことなんでしょうかね。樹海で迷う回とか電波ジャックハウス回とか見る限りNEO入ってから何故か狙っているみたいですし…その上青ドレス回には死画像からの古参クニコが再び参戦フラグみたいなのがあってもうてんやわんやです。

    柳下さん(展示品&蝉の声投稿者)インタビュー画面の明滅は何度か見てみましたが、感覚的にそうかも?って場面があるくらいでなんとも言えませんね…もしかしたらテロップの白文字が明るいのでそれに目が少し反応して明滅してると錯覚してる可能性が多少あります。分かりませんけれども。

    • itton より:

      Baobhan-Sithさんこんばんは。
      センスの良い冒頭の文言、ニヤリとしました。
      ほんとに添付ファイル来てたらどうしようかと思いました(笑)。
      添付ファイル名に何かメッセージが隠れているのかとも思いましたが、頭が悪いので解読できず(汗)。

      >心霊オールスター大感謝祭に向けての伏線…

      なるほど。そう言えばもうすぐ100話(あとせいぜい4~5巻)ですものね。

      >インタビュー画面の明滅…

      僕は全然感じなかったのですよ。なんだろう、加齢で目の反応悪くなっているのかな…(涙)。
      検証、報告ありがとうございます。

      • Baobhan-Sith より:

        流石にファイルは送れませんでした…w
        ちなみにファイルの数字は「WQバー(8)ヴァ(8)ンシー(4)STコ(5)口(6)シ(4)_逆から見ると10/07/2022(NEO15レンタル開始日)」ですので特に意味はありませんw

        16の最初が80本目の映像なので仰る通り4、5巻で終わると思います。振り返るとNEOは7巻から12巻(奇形人形からタエコ経由の船山復讐編)までゲル山要素が確か無かったので(三つ目親父は出てましたが)、13巻の家族ミサキ編から伏線張り巡らせてオールスター大感謝祭に向けてるんじゃないかななんて青ドレスの映像見て思ったり…という壮大な予想ですw

        正直明滅してるか確かめようとする方が目を悪くしかねないので無理はなさらず…車内が暗いからテロップの白とかで時々明るく見えるのかなとも思ったのですが、もう映像の明度を特殊な機械で測るしか確かな証明出来なさそうですし凝視してまで見る事はないかと…

        • itton より:

          うぉー!なるほど!
          察しが悪くてすみません(汗)。

          オールスター大感謝祭ありそうで、ちょっと楽しみですね。

          >凝視してまで見る事はないかと…

          はい、心得ました。

  12. Wolfrun より:

    コメント失礼します!Wolfrunと申します。
    この巻とは関係ありませんが、NEO06の「壁の向こう」で登場した「イズ(ヅ)ラ君」という名前ですが、欧米圏には「Ezra(エズラもしくはイズラ)」という男の子の名前があります。
     また、旧約聖書にはエズラ記という書があります→NEO01の「結界」で番長(投稿者)と斎藤が樹海探索の最初の方で聖書を見つけていることから。

    Ezraとエズラ記が「イズ(ヅ)ラ君」と関係無いとは思いますが、偶々似ている発音の名前と「結界」の番長&斎藤の聖書発見シーンから思わず勝手に繋がりを感じてしまいました。

    • itton より:

      Wolfrunさんコメントありがとうございます。

      「Ezra」君とか変な名前だと思っていましたが、欧米圏では名前としてあるのですね。知りませんでした。NEO1で番長たちが聖書を見つけていた事はすっかり忘れておりましたが、見返して確認しました。「BIBLE」とタイトルが確認出来ますが、旧約、新約どちらなのでしょうかね。

      聖書のエズラ記の内容をwikipediaで読んでみましたが、ユダヤ教の基礎を築いたという以外は良く判りません。
      「聖書」、「イヅラ」、なんらかの意味がありそうでないような、でも何かの関連性が隠れているかもしれませんね。

      情報ありがとうございます。

      NEO1改めて見直すと、衣服発見のシーンでゲル山の泡みたいな白い痕跡がありましたね。

      • Wolfrun より:

        そのうち外国人投稿者・エズラさんが出てきたりと想像してしまいます。なにせNEO11で自称小学生の投稿者も出るくらいですからw

  13. Saki より:

    今回も長文お疲れ様でした。
    ついに残り20話となりましたね、錯視霊のあの子は今もあの廃校を彷徨っているのかなとか、杉本さん夫婦はなにしてるんだろうとか色々懐かしくなりました。
    neo15見たいんですけど、近所のTSUTAYAに置いてあるかな、、、
    見ることができたら気づいたこととかカキコしようと思います!

    • itton より:

      錯視霊、懐かしいですね。
      今もあの校舎を彷徨っていることになりそうですね(フェイクかも、という事は置いておいて)。

      XXXは人気コンテンツだと思うのでTSUTAYAならありそうな気がします。
      僕がいつも使っている宅配レンタル「TSUTAYA DISCUS」は便利ですよ。
      月4枚¥1,026のプラン「定額レンタル4」も復活しましたし。

      • Saki より:

        実を言うとまだ未成年なもので、親に頼んで借りてもらわないといけないんです。
        自分でお金管理できる歳になったら使ってみようかな。
        関係ないですが声にエコーのかかる異界に飛ばされたり、千手観音もどきが出てきたり、今巻neo10みたいな現象多いですね。果たして偶然なのだろうか、、、?

        • itton より:

          これは大変失礼しました。

          成人すると制約がなくなっていろいろできるようになりますので、それまでの辛抱です(使いすぎには注意)。
          今は10代を満喫なさっててくださいね。

          >今巻neo10みたいな現象多いですね…

          Baobhan-Sithさんがおっしゃってますが、100話目に向けて、オールスター大感謝祭になる可能性もあります。

          • Saki より:

            たった今見終わりました!
            結論:面白かった、小ネタは特に気づいたこととかはないですが。
            あの老人はまあ死神的な存在でしょうね。(タエコの時は須磨さんをあの空間に連れていくのに協力していたのかも?)
            最後の警告映像は一昔前のほん呪を彷彿とさせます。

          • itton より:

            あの千手観音みたいな様子から、須磨さんやっぱり関係ありますかね。
            最後の映像は気持ち悪かったですね。

  14. fd より:

    関連があるのかは判りませんが、最後の警告映像にて聞こえる女性の笑い声が『蝉の声』にて投稿者が異界?に飛ばされたときにも同一の音声がかすかに聞こえるような気がします。

    • itton より:

      う~ん判りません。
      聞こえるのはあの老人の声とポコポコ聞こえる柳下さんの足音、そして彼女の息遣いと娘を呼ぶ声だけのような気がします。
      どのあたりですかね。

  15. Baobhan-Sith より:

    どうもitton さん、時期が開きましたが「蝉の声」の撮影場所が分かりました。
    どうやら大宮八幡宮近くにある「和田堀公園」の一角だそうです。「和田堀公園(東地区)一帯」でマップ検索すれば、例の映像の端に見切れている運動場みたいな広場が表示されます。和田堀池と道路の間にあって、若干鬱蒼とはしてますが特に何の変哲もない道みたいですね。
    知り合いにNEO15を教えたところ、偶然近場に住んでいてこの場所に見覚えがあると言って現地で写真を送ってもらいましたが完全に一致でした。老人のいた木とか背景にある工事の白い鉄板とか完璧に同じでしたね。知り合い曰く特に幽霊が出るとかそういう話は無いらしいので、あくまでカメラに取り憑いていた(?)老人があのタイミングで姿を現した…と言った具合でしょうか。
    追記してくれると幸いです。噂によるとNEO16は来年の1/6に出るらしいので楽しみに待ちましょう!(16が1/6にリリースとは…さては狙った?w)

    • itton より:

      Baobhan-Sithさん情報ありがとうございます!

      神奈川ではなく、まさかの都内でしたか。
      近所に住んでいる方の情報で、写真までご覧になっているのなら間違いないですね。

      工事用の仮囲い(万能板と言うらしい)は工事が終われば撤去されてしまうと思うので、ストリートビューではちょっと場所の特定が難しいと思うのですが、このあたりでしょうかね(以下のリンク参照)。

      https://goo.gl/maps/qd2gk2ac5bCYvCcu9

      ストリートビューも、公園内の全ての遊歩道を網羅していないので、この先はわかりません。ベンチやグラウンドの柵、石畳などが一致すると思うのですが、いかがでしょうか。

      いずれにせよレビュー本文には反映させたいと思います。
      ありがとうございました。

    • itton より:

      16が1月6日というのは狙ってますね(笑)。
      たぶん。

      • Baobhan-Sith より:

        そうですね!川側は万能板(私も名前初めて知りましたw)で向こうが見えないので分かりませんでしたが、白い自販機や石畳の感じや運動場の柵が同じなので多分ここで合ってます!ストリートビューの写真が2年前なので木の形とか若干の齟齬はあるでしょうけどここが撮影場所で間違いなさそうです。
        写真を貼れれば一発で分かるはずなので貼れないのが歯痒いですが、ともかくレビューにも反映してくださりありがとうございました!

        • itton より:

          そうかストリートビューの写真は2年前なのか。
          ちょうど老人の木に似た枝振りの木を見つけたものの、太さが違うと思ってましたが2年の間に成長したのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました