MacOS Catalinaで、最新セキュリティアップデートを当てるとファイル共有ができなくなった

kyouyuuMac

はじめに

たまには普通の記事も書きますよ。

タイトルの件ですが、正確に言うと「MacOS Catalina(10.15.7)」で、「macOS Catalinaセキュリティアップデート 2022-004 10.15.7」を当てると、システム環境設定>共有>ファイル共有のチェックを入れることができなくなる、と言うものです。たまたまMacOS Catalinaをクリーンインストールする機会があったので、遭遇してしまいました。

これです

現象が発生したMacのスペック

iMac(21.5-inch,Late 2013)
プロセッサ 2.9GHz クアッドコアIntel Core i5
メモリ 16GB 1600MHz DDR3
128GBのSSDと1THDDで構成されたFusionDrive(APSF)

再現までの手順

OS Catalina(10.15.7)をクリーンインストールします。この時点ではシステム環境設定>共有>ファイル共有のチェックを入れたり外したりできるし、ファイル共有も機能しています。

ちゃんとファイル共有している

そこでセキュリティアップデート「macOS Catalinaセキュリティアップデート 2022-004 10.15.7」を実行すると……。

ファイル共有にチェックを入れた状態で、上記のセキュリティアップデートを当てた場合は、システム環境設定のファイル共有も、チェックが入った状態で、ファイル共有もできています。そして、このチェックを外してファイル共有をオフにもできます。ですが、一度オフにするともう二度とチェックを入れることができなくなります(チェックを外すことができないこともありました)。

ファイル共有のチェックを外した状態で、上記のセキュリティアップデートを当てた場合は、ファイル共有のチェックを入れることができない、と言う状態になります。

うんともすんと言わない

原因

わかりませんが、バグでしょう(笑)

対処法(自己責任)

ターミナルで以下のコマンドを実行すると、ファイル共有を有効にすることができます。ただし、システム環境設定>共有>ファイル共有で、これをオフにすることができなくなることもあるので、オフにするためのコマンドも併記します(要するにGUIでオンオフできない)。

以下の対処法は、「私の場合はこれでうまくいったよ〜」てことなので、参考程度にご覧ください。「この方法試したらMacがおかしくなった、どうしてくれる!」、と言われても責任はとれませんので、あくまでも自己責任でお願いします。

ファイル共有を有効にする

ターミナルで以下のコマンドを実行する

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.smbd.plist

ファイル共有を無効にする

ターミナルで以下のコマンドを実行する

sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.smbd.plist

とりあえずこれで何とかなりました。再起動しても大丈夫でした。

次のアップデート待ちですかね。ただし、修正アップデートが出たとしても、上の対処を施した場合、ちゃんと直るかは分かりません。あくまでも自己責任でお試しください。

コメント

  1. fd より:

    まさかこれは、常に霊障が強い映像を見続けた結果、主様のPCに何らかの霊障が起こってしまった。とでも言うのだろうか(笑)

タイトルとURLをコピーしました