呪われた心霊動画XXX_NEO 16(ネタバレあり)

eye_catch_xxx16レビュー

はじめに

「呪われた心霊動画XXX_NEO 16」のレビューです。今回も見ごたえがありました。エピソードは三つしかありませんが、それぞれの内容が濃く、1本が長いにもかかわらず、体感的にはあっという間に終わってしまいました。

以下のレビューはネタバレ満載ですので、未見の方はご注意願います。

スポンサー・リンク

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

80 センチメンタルジャーニー(怖い)

概要

投稿者、阿部祥平さんの恋人、松本亜子さんは突然自らの命を絶ってしまった。全く心当たりのない彼は戸惑うばかりであったが、彼女の両親から託されたスマホの写真から、その直前に旅行に出かけていたことがわかる。駅や神社、洞窟の中の祠、海などが撮影されていたが、生前の彼女に神社巡りなどの趣味はない。祥平さんは、写真に残された位置情報から彼女の足跡をトレースしてみることにする。

そして最後に岬周辺の自然公園内、小さな祠がある洞窟にたどり着く。洞窟内のただならぬ気配にビビった彼は早々に洞窟から退散したが、亜子さんの写真はそこで終わりではなかった。最後の連射機能で撮った写真は、この洞窟とは異なる感じで、洞窟から出口を望むその光景には二重鳥居が写り、亜子さんと思しき女性の後ろ姿が写っている。なお、この写真にのみ位置情報が記録されていなかったという。

彼は近くのホテルに泊まることにするが、部屋では激しいラップ音が鳴ったり、照明が明滅する現象に遭遇。突然鳴り出した電話を取ると「助けて…外にきて」という亜子さんの声がするので、急いで外に飛び出すと、亜子さんらしき女性の後ろ姿が見える。それを追い続けた祥平さんは、昼間に来たあの洞窟にたどり着いた。

洞窟内を追い続けるとカメラの照明も消えてしまい、なんとか奥に進み続けると明るい出口が見える。亜子さんの残した写真と同じ風景で、出口には二重鳥居も見える。だが、なにものかが天井を這ってこちらに迫ってきた。祥平さんはここで気を失い、気が付くと宿の前の道で倒れていたという。

結局、亜子さんが旅行や自殺の理由は何もわからなかった。確かなのは祥平さんが辿り着いたあの洞窟の出口が、彼女のスマホに残っていた光景と同じだったことである。亜子さんは異世界に旅立ってしまったのでがないかと、祥平さんは感じていた。

しばらくしてから、スタッフは祥平さんが撮ったの映像の要所要所に、亜子さんらしき人物が写り込んでいることに気が付いた。彼に伝えるために連絡を取ると「そーっすか」と軽い受け答え。そして意外な返答が帰ってくる。「もう解決した」「いま彼女といる」「話しますか?」。

受話器から亜子さんらしき女性の声が聞こえた。

「お久しぶりです…」

以後祥平さんとは連絡が取れていない…。

スタッフはこの洞窟に、ある伝説があること知る。それはこの洞窟が8キロ先の別の洞窟まで繋がっているというもの。ある日地元の漁師が犬を連れてこの洞窟の踏破にチャレンジ。出口では傷だらけの犬のみが生還したが直ぐに亡くなり、漁師は出てこなかったというものであった。その出口とは亜子さんや祥平さんが最初に訪れた神社であるらしい。

また、亜子さんの連続写真にある変化が起こっていたのだが…。

感想

いや~長かった。30分以上ですよ。でも不思議と長くは感じなかったですね。とっても面白くて好きなエピソードです。洞窟の出口から天井を這ってくるクリーチャーみたいな化け物のタイミングと動き方が結構怖かったですが、やはり異世界っぽい二重鳥居が印象に残ります。祥平さんがインタビューでは感傷に浸った暗い感じだったのに、電話口では「そっすか~」みたいな妙に明るい感じの対比も、「ああ向こうに連れていかれたか」って感じがしてうすら寒いですね。

極めつけは亜子さんの電話の声、「お久しぶりです」って前に聞いたことありますよね。そう、「呪われた心霊動画XXX_NEO14」の「おひさしぶり」のあの声ですよね。このセリフでちょっとゾッとしました。

あのエピソードで手を振っていた女性は亜子さんだったのでしょうか。そういえばチラッと鳥居が見えましたし、「NEO14」の最後の警告映像にも、この洞窟の鳥居が一瞬写っていましたね。

というか、「おひさしぶり」の戦争遺跡、自然公園って言ってましたし、今回も自然公園内の洞窟。そうです、この洞窟、敢えて場所は晒しませんが、あの戦争遺跡のめっちゃ近くなのを確認しました。洞窟の伝説もちゃんと存在します。残念ながら繋がっているとされる、先の洞穴までは特定できませんでしたけど。

公開しても差しさわりのない場所として、最初に写っていた駅を紹介しますね。JR内房線の那古船形駅です。

81 二重鳥居(少し怖かったけど…は?)

概要

前エピソードで映像に写っていた二重鳥居。かつては全国で見られたものであるが、明治の神仏分離政策で多くが失われ、あの映像で見られた形のものは残っていないという。

だが、「呪われた心霊動画XXX_NEO14」のエピソード「アナログテレビ」で、似た鳥居が写り込んでいたことを思い出したスタッフは、このエピソードの投稿者、前田さんに連絡を試みる。だが、このテレビを処分せず、勝手に「XXX」に持ち込んだことが問題になり、彼女は映像制作会社を解雇されてしまい、連絡を取ることができなくなってしまった。

後日、前田さんの元同僚を名乗る女性、市川さんから連絡が入る。退職直前には前田さんは鬱っぽくなってしまい、「不知森(しらずもり)」に行くなどと話していた。「不知森」とは禁足地を差すという。また、彼女はInstagramアカウントに不気味な動画を上げていたりした。心配する市川さんとともに前田さん宅を訪ねるが、近くの公園で項垂れている彼女を発見する。前田さんは何かぶつぶつ呟いていたが、市川さんに話しかけられると「うそつき」と声を発する。スタッフとともに彼女を部屋に担ぎ込み、大家さんから彼女の肉親に連絡を取ることができ、前田さんはしばらく入院することになった。

ここで、取材時の映像に入り込んだノイズ、さらに前田さんがアップしたと思われるInstagramの動画が紹介される。取材時のノイズは何が写っているかわからなかったが、Instagram動画には森の中を逃げ回っているようなシーンや高笑いする謎の女、見上げるアングルの二重鳥居が写っていた。

数か月後、回復した前田さんから連絡が入る。だが、彼女はこの頃の記憶がなく、Instagramの動画や、「うそつき」と呟いたということは覚えていなかった。そればかりでなく、そもそも市川さんという女性に全く心当たりがなく、「不知森」に行くと話したこともない、と言うか、Instagramのアカウント自体も彼女のものではなかった。

前田さんは映像制作会社を辞めてから、働き口が見つからず現在無職で困っていると語っていた。だが次のシーンでは、就職先の決まった彼女の働きぶりが紹介される映像に切り替わる。電話を取った彼女の口から、視聴者には信じられない言葉が飛び出す。

「はい!チーム『XXX』です!」

感想

「不知森」と言えば「八幡の藪知らず」で何かの撮影の帰りに寄ってみたことがあります。案内板には「不知八幡森(しらずやわたのもり)」と書かれており、写真はその真ん中に鎮座するその名もズバリ「不知森神社」です。

不知森神社

因みに入ると出れなくなってしまい、かの水戸黄門様も迷い込んだという「八幡の藪知らず」ですが、全景はこんなものです。

そもそもめちゃめちゃ住宅地の真ん中ですし、目の前は交通量の多い千葉街道(国道14号)ですし、斜め前には立派な市役所まであるので、秘境感は皆無です。まあ、前田さんの言ってた「不知森」はここではなく、あの自然公園付近の異世界への入り口の森なんでしょうけど。

さて映像はさほど怖くはありません。まあ不気味ではありますけれども。映像内の女性は何だがブレたようにボケてしまっており表情も判りません。この映像で木々がブレブレで写っているのも、ひょっとしたら森の中を何かから逃げ回る亜子さんの視点なのかとも思いました。

全くの謎の女性、市川さんの存在が気になりますね。今のところ、いったい何のために現れたのか、皆目見当もつきません。

それにしても、前田さんの「チームXXX」への参加は全くの予想外で、椅子から転げ落ちそうになりました(それくらい驚いたという表現ですw)。「呪いの黙示録」の島田君が切望していたにも関わらず果たせなかった「XXX」入りがこうもあっさりと…。まあ、今回前田さんの失職は「XXX」に関わったから、というスタッフ側の負い目もありますが。

「XXX10」でスタッフの存在を感じさせて大失敗した過去がありますが、今回は不思議と気になりませんでした。たぶん前田さんが今作内に登場するのも、なんとなく今回が最初で最後と感じさせるような演出だったからかもしれません。

82 多幸感 ドラッグ・ビデオ(怖い)

概要

投稿者の水野さんと友人らは、精神を病んだ女性が隣人を殺した事件の噂のある、廃アパートに探検に出かける。怖い雰囲気の廃墟で普通なら神妙になるところ、ここで彼らはなんだかハイになってしまい、悪ノリであちこち壊してしまったそうだ。そしてぶち抜いた壁の中からビニールに包まれたVHSビデオテープを見つける。

そのビデオを見てみると、楽しそうな笑顔で語る女性の、肉親へのビデオレターのようであったが、次第に映像は不気味に変容してしまう。だがどうしたことか、見ていた友人たちも含めて自分も楽しくなってきてしまい、一同大爆笑状態になってしまった。

当日は何ということもなく終わったが、数日後一緒に見ていた友人の一人が自殺してしまい、自分たちもこれから自殺してしまうのではないか、と怯えている心境を投稿者は語る。にもかかわらず、インタビュー中、水野さんはなんだかだんだん半笑い状態になり、最後にはとうとうケタケタ笑いだしてしまった。

スタッフの調査で、ここでは女性が隣人を殺したのではなく、自殺志望の女性が第三者に自分への殺人を依頼する、いわゆる嘱託殺人事件が起こっていたことが分かった。

ここで以下の警告文(改行修正、意訳済み)と10秒のカウントダウンとともに映像が紹介される。

これから問題の映像を見せるけど、霊能者は非常に感応しやすい危険な映像だと言ってるから、くれぐれも自己責任でよろしく。

満面の笑みで家族へ近況を報告する女性。だが映像は次第にノイズにまみれ、同じ音声が繰り返されたり、重なったりする。音声は何十にも重なり、「死ね」「死ね」と合唱しているようにも聞こえる。最後に女性は無表情になってカメラを切り映像は終わる。

感想

非常ににこやかな女性がカメラに向かって近況を語っているのですが、ノイズが走り出す直前に「たすけて」という声が聞こえますね。「なんで」という声も聞こえた気がします。最後に一瞬この女性の顔がアップになるのですが、その瞳の色がみるみる失われていきます。

音声は何十にも重なるのは非常に気味が悪く、気持ち悪いですね。これを見て笑いだしたという投稿者の発言が恐怖です。笑うわけないじゃん、こんなの見せられて(笑)。

最後に女性が無表情になるのも怖いですね。何かに操られているのか。嘱託殺人って、物理的に攻撃してもらうのではなく、呪いによって殺されたのか。それとも、嘱託殺人に見せかけた呪いだったのか。

それにしてもこのエピソードは他との関連性がない気がしますが、今後の展開があるのでしょうか。なんかありそうですよね。

感想まとめ

まさかの3話構成で驚きました。取り敢えず100話まではもう少しかかりそうです。

1話当たりの密度が高く、特に「センチメンタルジャーニー」は尺の半分を使った長編になりました。でも怒涛の展開で全く飽きがきませんでしたね。脚本が良いのか、まだまだ「XXX」は元気で、次に期待できます。

あと気になったのは、例の洞窟のリピートシーンで、「洞窟に入るのは大変危険なので、絶対に真似しないでください」と、スーパーが出たのがご時世だなと思いました。洞窟の場所や固有名詞を特定しても、紹介をためらってしまったのはこれが理由です。

それでは

スポンサー・リンク

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


コメント

  1. fd より:

    こんばんは!いつもレビューお疲れ様です!ドラッグビデオの女性、確かに雰囲気は普通に明るいですけど、すでにこの時点で目に光がないから笑いながら話している時点で何かしらの狂気を感じました。髪もボサボサですし。

    それと一つ気になったことがございまして、この女性の冒頭のセリフ、『お父さん、お母さん、マサちゃん元気ですかー?』ですが、投稿者の男性の名前も水野『正』広ですし、この女性は投稿者の姉だったんじゃないかと思ってしまうこともありました。

    • fd より:

      それとこれは強引ですが、『二重鳥居』のインスタの映像の女の笑い声と警告映像の女の笑い声が似ている点でしょうか?市川さん=ビデオレターの女=インスタの映像の女?

      • fd より:

        何度もすみません!このビデオレターの女性冒頭で『お久しぶりでーす!』と言ってますね。これらからも何かしらの連想、キーワードがいくつか浮かび上がってます。

        • itton より:

          確かに。
          全然声の調子が違うので見過ごしていました。
          何か関連はあるのでしょうか。

      • itton より:

        市川さんモザイクで顔が判らないので可能性がありますね。
        ただ、スタッフは市川さんの顔は判っている筈なのでなんとも。

    • itton より:

      マサちゃん…確かに。
      ただ、肉親ならお姉ちゃんだということは判ると思うのですけど、どうですかね。

      最初から狂気を感じることには同意です。
      なんかやつれて無理している感じですよね。

  2. ハコ より:

    お久しぶりの関連今知りました
    なるほど…確かに同一っぽいですね
    今のところ他巻との繋がり見つけれないんですが三本目のエピソードに出てきた廃墟はNEO12で船山が彼女殺害された復讐に使った廃墟と同一なのではないかと睨んでいます
    今回単品の感想だと1 2本目は満足なんですが3本目はいつも以上に謎すぎてちょっと引いたみたいな印象でした
    でも何かつながりが発見できれば一転して面白いエピに感じるのではないかと思って試行錯誤中です
    あと1本目は話は満足ですが幽霊?の彼女とラストのバケモノXXXの中だとトップクラスに合成感ありましたね笑

    • itton より:

      ハコさんこんばんは。

      >船山が彼女殺害された復讐に使った廃墟と同一なのではないか…

      だと面白いのですけどスチル写真だけなのでちょっと判別つきませんね。

      >トップクラスに合成感…

      あ、それ僕も感じていました。
      もうちょっと何とかなりそう、というか別に合成しなくとも映像にできそうなのでひょっとしたらわざとなのでしょうか。

    • itton より:

      ハコさん
      ひでさんという方がNEO12の「マン・イン・ザ・メイズ」の女と似ているという考察をされました。
      NEO12の女は顔の上半分がよくわかりませんが、服装が似ているんですよ。
      ひょっとしたら、ひょっとするかもしれませんね。

  3. ひで より:

    多幸感 ドラッグビデオの女性がxxx初期のタイジに映る方に似てると思います。

    • itton より:

      確かにちょっと似ていますね。
      「タイジ」の女性のほうがかわいいと思いましたが、7年も経っていますし歳を重ねればこんな感じになるかもしれません。

  4. TJ より:

    「おひさしぶりです。」

    レビューお疲れ様です!個人的な感想は、警告映像の女性とNEO12『マン・イン・ザ・メイズ』の女の雰囲気が似てるなと思いました。見比べて見ると着ている服も同じっぽいです。

    今回は『おひさしぶり』と『アナログテレビ』の伏線を回収してきたわけですが、市川さんの存在がまた謎をだしてきたなと人物とストーリーの繋がりが難解になってきましたね。個人的にはSHIGERU YAMANEと青いドレスの続きが気になるところです。

    • itton より:

      ん?
      ちょっと待ってください。
      これは似ていますよ。しかも服装がほぼ同じに見えます。
      前のコメントでアパートの廃墟はハコさんが船山が復讐を果たした建物ではないか、考察されていたので…
      まさか…

  5. fd より:

    みなさんコメントされていて、確かにneo11、12の赤いセーターの女と似ていると感じましたが、この廃墟は元はアパートで赤いセーターの女が居た廃墟は診療所なので違うかなと思いました。ただ、なんか似ているっぽいですよね。

    • itton より:

      そうか診療所でしたもんね。
      てか嘱託殺人事件があったと調べが付くのなら前巻でもその話は出てくる筈ですね。

  6. ハコ より:

    こちらで書かれたコメントを元に軽く調べてみましたが赤い服の女は雰囲気は似ていますがNEO11 12で出てきた女はデコを出している髪型ではなく今回はデコを出しているとわかりやすい印象の違いがあるので人物に関しては少なくとも同一人物ではない セーターに関しても11のはタイトル通りセーターで間違い無いですが12はわかりにくいですがおそらくセーターではない 今回16のはボタンが見えたりおそらくシャツに近いなにかでセーターではないので関連はないかなという感じになりましたね
    上でfdさんが申し上げていた通りアパートと診療所で設定も異なりますし自分があげた廃墟が一緒説はほぼ間違いですね…

    • itton より:

      赤い服が似ている気がしたのですけどね。
      fdさんの指摘で診療所の設定だったことを思い出しました。残念。

  7. コマ より:

    う〜ん。廃アパートと例の廃墟と恐らく違うとは思いますがただ…個人的な感想ですが祭壇の様な物があった様な痕跡くらいですね。
    多幸感のエピソードの投稿者の服からすると夏だと思うので12 NEO の時系列的には一致して気はしますね。

    市川さんは何故、前田さんのマンションを知っていたのが恐怖でしかないですね。
    関係があるかは分からないですがNEO16 最初のエピソードで投稿者に電話したスタッフが前田さんでした。
    前田さんに何もなければ良いのですが。

    例の廃アパート、心霊パンデミック22 オープンリールの声 後編にも出てます笑

    • itton より:

      例の廃墟に比べてボロボロなので異なるようですね。

      > 最初のエピソードで投稿者に電話したスタッフが前田さんでした…

      え?
      後ろ姿しか見えていないけどよくわかりましたね。
      言われてみると雰囲気が良く似ています。

      >前田さんに何もなければ良いのですが…

      最初の電話のシーン、左手に包帯巻いています!

  8. Baobhan-Sith より:

    はいっ、お久しぶりで〜す!
    レビューの皆さん、ittonさん、元気ですか?私はすっごい元気ですw信じられないくらい元気ですwほんとにw
    考察の方もぉ、案外ぁこれ上手くいくなぁって感じで、今凄い軌道に乗っているところですw
    でね、あのぉそれの話なんだけどぉ、なんか15日ごろ?正月から2週間後に?レンタル届いて感想言えると思っております。楽しみにしておいてくださ〜いw
    んで今ね、ちょうど見終えたって感じなんだけどぉ【タスケテ…】方も意外とね?お化けさんとXXXスタッフが凄い面白く今回作ってくれててー、リプレイとかもしてくれるから。霊障に心配しないで、こっちもこっちで、楽しく、考察してま〜すw
    なんでねw【つらい…】あまり、心配しないでwあまり、心配しないでwそうsy…

    あノ、私からのぉ、ちょっとお願いg私からのぉ、ちょっとお願い事がございましてぇ、まあ…ハハッwwまあ…ハハッwwあの、コメントさんにね、色々過去の繋がりとかコメントさんにね、色々過去の繋がりとか見解みたいなって思っておりま〜すw
    他のホラー物を見るのもよろしいですが、呪厄には気をつけるよーに〜www
    【つらぃ…】iiiittttoooonnnnささささんんんんに色々色々色々色どう感感じたかかかか聞かせせせせて欲しいなって思っていてててて【考察しろよっ!しろよっ!しろよしろよっ!しろよしろよっ!しろよしろよっ!しろよしろよっ!】
    またNEO17までバイバーイ、じゃあねー♪【ははははははwwwwwwwあははははははwwwwww】

    ーー失礼しました。今回あまりに伏線回収要素が多かったのでテンションぶち上げまくりでして…

    • Baobhan-Sith より:

      本題に入りましょう。(茶番長すぎた)
      まず最初のセンチメンタルジャーニー回、これは中々すごかったです。XXX内では14のアナログテレビの画面に映った二重鳥居しか触れてなかったですけど、洞窟の出入り口にある小さい2つの鳥居(ワンカップとか置いていた所の)は14のフロッピー映像序盤に映っていたものと同じのはずです。
      そして旅館内での謎現象&亜子ちゃんを追って洞窟イン、まさに異界へ連れて行こうとしている死んだはずの恋人感があって良かったですね…トンネルを抜けるとそこは二重鳥居だったからの天井にへばりつく何とも言えないクリーチャー…初見の時結構驚きましたw
      そして最後まで見た上で投稿者へ電話をかけた時やけにハイな返事だったのを見ると、「多幸感」の女性はやはり何か一連の怪異に関係してると思いますね。13では豹変した女性が2人いましたけど、あの2人も実はこの人の(もしくは憑いていた)悪霊のせいで感情的になりまくっていたとか…

      関係ないですが、二重鳥居回で市川さんと合流した場所はモロ中野駅ですねw更に言うと前田さんが項垂れていた公園も駅近くの路地にあったはずです。(私自身行ったのが大分前なので朧げですが…)
      それにしても市川さんは一体何者だったのか…顔もモザイクしていて声も変わってたので判別は出来なかったですけれど、最低でも14のフロッピーに写っていた顔面くり抜き女性or多幸感女性が関係していそうな気がします。(そもそもフロッピー女性と多幸感女性が同じという線もありますが、多幸感の撮影地は廃アパートみたいなので多分違うかもです)

      そして多幸女性がコメント内で他の方々が12の船山復讐回の最後に出てきた人と似ている的なことを言っておりましたが、よく見ると服の感じが違うような気がします。恐らく色が似ているだけで、12の廃墟に出てきたのは11で猛威を振るった上半身下半身分離の歌い手さんだと思います。
      あと廃アパートは内部の写真を見る限り12の診療所とは違う気もしますね。そもそも新聞人形回の投稿者が、診療所は解体されて更地になっていると言っていたので時期的に見ても恐らく違うかと…
      警告映像に映る女性は、見た感じ二重鳥居のインスタ映像で笑っていた女性と同じなような気もします。(ぼやけまくってるので断言できませんが…)もしかしたらあのインスタユーザーがこの人なのかもしれませんね。あのアイコンに繋がる花が17で出てきたり…?w

      という感じの見解なのですが、私自身メチャクチャ盛り上がりながら見ましたwなんなら多幸感映像見る前の方がハイになっていましたww今回もレビューお疲れ様です。長くなって済みませんでしたorz

      • itton より:

        「センチメンタルジャーニー」と「多幸感」そこで繋がってきますね。
        最初気が付きませんでした。
        何か関連ありそうです。

        改めて確認しましたが、廃アパートと診療所跡、女も服装は似ているけど違うようですね。
        船山の目玉食った女は11の女のほうが可能性高いですね。

        >あのアイコンに繋がる花が17で出てきたり…

        注目ポイントですね。

        市川さんも以降の巻で出てくるのか楽しみです。

        因みに総武線市川駅は「不知森(八幡の藪知らず」のある本八幡駅の隣で、八幡も市川市、藪知らずの目の前にある市役所も市川市役所だったりします。
        中野駅まで電車1本で行ける…。

    • itton より:

      ちょっちょっとどうしたんですかBaobhan-Sithさん。
      ま、まさかあの警告映像を全編………見…た…んですか…。

      じ、実は…ぼっ…僕も…えへ…えへへ。
      見た……でへ。
      でへへへへ。
      ははははははwwwwwwwあははははははwwwwww…
      くぁwせdrftgyふじこlp
      ……
      かゆい
      うま

      なんちゃって。

      • Baobhan-Sith より:

        変なノリに付き合ってくださりありがとうございますw

        多幸感の投稿者がテンアゲで笑っていたのと、センチメンタルジャーニーの投稿者が電話越しに笑いながら話しているテンションがなんとなく似ている気がしまして。お久しぶり繋がりもありますし、13以降の怪現象は繋がっている気がしてなりません。
        更に発見したのですが、多幸映像の途中に大きい「ヨ」みたいな「E」みたいな、パズルのピース的なノイズが入っているのを見て既視感を覚えたので過去の作品を見返したのですが、これが10の町内放送回のノイズ部分(一瞬ヒンナがチラ見する4分くらい尺あった部分)にも14のフロッピー映像にも出ていました。「そんなもん古いビデオならよく出てくるわ」って話なら終わりなのですが、今まで見てきて10と14と16以外でこんなノイズを見た覚えがないんですよね…もしかしたらこのノイズは何かの共通点のヒントなのかもと思いましたがどうでしょうか

        ですよね、髪型も若干違う気がしますし、多幸女性と診療所の人は別人だと考えています…いますが、一個だけ気になることがありまして…まあ考えすぎなのでしょうけど、例の戦争遺跡がある場所は千葉県で、シンガロングや彼の世の歌の撮影地も千葉県だったので、実は関係が少しだけでもあったのか…?とか変なことを考えてしまいます。まあそんなことはないと思いますが!
        ちなみに細かい指摘ですみませんが、目玉齧られたのは船山君ではなくて岡本です。

        なんと市川という名にそんなつながりが…!まあ仮名なので本人がその名前でお願いしますと言ったかXXX側がそう名付けたかは不明ですが、不知森のある場所が市川というのはなんか因果を感じてしまいますね…
        もう17が待ち遠しいですが、あのインスタアイコンの花が出てきたり、市川さん(仮)が登場したり、多幸女性やフロッピーの謎が解けたりするのでしょうか…飽きさせませんね!

        • itton より:

          「ヨ」みたいな「E」みたいな、パズルのピース的なノイズが入っている…

          良く見つけましたね。
          何か意味がありそうです。

          戦争遺跡は千葉県どころかあの洞窟と同じ自然公園の中にありまして、「傘」のトンネルも近いんですよね。
          この辺に何かあるのかもしれませんね。

          あと不知森(八幡の藪知らず)は正確に言うと八幡で、市川の隣です。同じ市川市ではありますけど。

          面玉食われたのは岡本でしたね(笑)。
          船山の復讐なのに本人目玉食われてどうする(笑)。

  9. Saki より:

    『お久しぶりです』
     発売日から今まで近所のTSUTAYA行っては借りられてるというくだりを3回は繰り返しました。同じ町内に少なくとも3人はXXXファンがいるということですね_(:3」z)_
     いやはや今回も震え上がりましたよ。きさらぎ駅とか好きなので異界好きにはたまらない巻でした(^ω^)
     しかし小ネタや伏線は全然見つかりませんでした。ただ最初のエピソードのスタッフさんが前田さんということですが、前巻最後のエピソードのスタッフさんも前田さんに似ていると感じました。どうでしょう?
     それではまた

    • Saki より:

      あと演出もかなり変わったような気がします。(効果音の使い方とか)
      話は変わりますがittonさんは歴代のエピソードの中で続きを見たいと思うのはどれですか?私はやはり『クニコ(死画像)』と『煙草の匂い(無印5巻)』ですね
      忘れられがちですがクニコの投稿者がどうなったか気になります。精神病院に入院したといいますがその後は、、、?
      煙草の匂いは今巻前田さんがスタッフになったことで思い出したのでw

タイトルとURLをコピーしました